イメージはメルセデスベンツ“Sクラス”、エミレーツの新しいファーストクラス

最高の空の旅

同社は、新しいファーストクラスはメルセデスベンツ Sクラスにインスパイアされたものだと述べた。

Emirates

エミレーツ航空は11月12日(現地時間)、ドバイエアショーで新しいファーストクラスを発表した。ボーイング 777-300ERに12月から登場し、顧客に新たなラグジュアリーかつプライベートな体験を提供する。

「機内での体験こそが我々のブランドとサービスの中心」と同社社長ティム・クラーク(Tim Clark)氏は声明に記した。

「今日発表した777の新しいインテリアは、常に目標を高く掲げ、顧客の期待を上回り続けることを目指す当社の投資のひとつです」

エミレーツ航空はこれまで、シートの周りを高く囲ったファーストクラスを提供してきた。新しいファーストクラスでは完全に密閉されたタイプのシートを提供。さらに新しいファーストクラスに加えて、ビジネスクラスとエコノミークラスにも新しいシートと機内エンターテイメントシステムを導入した。

同社は、新しいファーストクラスはメルセデスベンツ Sクラスにインスパイアされたものだと述べた。

またエミレーツ航空は同日、ボーイング787-10 ドリームライナーを40機を購入する意向と述べた。カタログ価格で総額151億ドル(約1兆7000億円)に相当する。初号機は2022年、引き渡しの予定。

エミレーツ航空の豪華なファーストクラスを見てみよう。

新しいファーストクラスはSクラスからインスピレーションを得た。地上での送迎にもSクラスが使われる。

航空機とメルセデス・ベンツ

Mercedes-Benz


Sクラスの内装。そして……

さすがのSクラス

Mercedes-Benz


完全個室になる豪華なファーストクラス。座席数は6席。

まるで一等車両のよう

Emirates


新しいファーストクラスの重要ポイントは、完全なプライバシーの提供。写真はエミレーツ航空のエアバスA380のファーストクラス。違いは一目瞭然。

ゴージャスな色使い

AP


全長84インチ(約213センチ)、高さ6フィート9インチ(約206センチ)、広さ40平方フィート(約3.7平方メートル)。3つのスイートが1列に並ぶため、センターの席には窓がない。そこで同社は「バーチャルウィンドウ」と呼ぶ回避策を考えついた。

くつろぎの一時

Emirates


シートはフルリクライニングすると長さ78インチ(約198センチ)、幅30インチ(約76センチ)のベッドに。各席には32インチ液晶モニター、個別の室温コントロール、ノイズキャンセリングヘッドホンが備え付けられている。

まるでホテルのよう

Emirates


ビデオチャットで食事や飲み物を注文可能。ミニバーもある。

最高の空の旅

Emirates


外装には、ガフの木のイメージ。ガフの木はアラブ首長国連邦で良く見られる常緑樹。

美しいキャビン

Emirates


ビジネスクラスとエコノミークラスも刷新。新しいビジネスクラスにはフルフラットになるシートが42席、座席間隔は72インチ(約183センチ)。ダイヤモンドステッチのレザーシートもメルセデスベンツのラグジュアリーさを感じさせる。

ビジネスクラスもよさそう

Emirates


23インチ液晶モニターとミニバーも。

大きなディスプレイ

Emirates


エコノミークラスは306席。座席間隔は33インチ(約84センチ)、6インチ(約15センチ)のリクライニングが可能。USB充電もできる。

エコノミークラスはわりと普通

Emirates


13.3インチ液晶モニター。

ディスプレイは大きめ

Emirates


新しい内装を採用したボーイング 777は12月1日に就航。

いつかは乗ってみたい、ゴージャスなファーストクラス

Emirates


[原文:Check out Emirates' new Mercedes-Benz first class luxury suites

(翻訳:塚本直樹/編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい