元NASAのフライトディレクターが語る、危機的状況でも冷静さを保つ方法

元NASAのフライトディレクター

元NASAのフライトディレクター、ポール・ヒルは、NASAの管制センターは緊急時には静まりかえると語った。

Paul Sean Hill

  • NASAのフライトディレクター、ポール・ヒル(Paul Hill)は、スペースシャトルや国際宇宙ステーション(ISS)のさまざまなミッションで、リスクの高い仕事を経験してきた。
  • ヒルは、管制センターでトラブルに直面した際に、冷静さを保つ方法を紹介してくれた。
  • データに集中すること、衝動を抑えること、「恐怖心」を一定のレベルに保つことなど、緊急時にとるべき方法について話を聞いた。

2001年、NASAの管制センターでフライトを指揮していた時に起こった重大なトラブルを振り返ると、ポール・ヒルは今でもこう思う。

「危なかった。全員を死なせるところだった」

だがその時、スペースシャトル「ディスカバリー号」が国際宇宙ステーション(ISS)へ向かった2001年3月のミッションの最中、ヒルは目の前の事実に集中していた。

ディスカバリー号がISSにドッキングしていた時、管制センターのスタッフが2つある冷却ループのうちの1つが機能していないと報告してきた。ループ内部が凍結している可能性があった。

万一、氷がはがれ落ちた場合、冷却システムが損傷し、ディスカバリー号のコンピューターが過熱して破損する恐れがあった。

シャトルのクルーと管制センターは重大な選択に迫られた。与えられた時間は30分。生命の危険を冒して緊急の軌道離脱を行うか、故障したシャトルとともにISSに残るか。

「いい情報はなかった」とヒルはBusiness Insiderに語った。

Leadership from the Mission Control Room to the Boardroom: A Guide to Unleashing Team Performance』の著者でもあるヒルは、スペースシャトルとISSの計24回のミッションでフライトディレクターを務めたほか、2003年、コロンビア号の事故ではその後の調査を指揮している。

ヒルは、NASAの管制センターのスタッフは緊急時のストレスに対処するために、ある戦略と思考プロセスを実践していると我々に語った。それらは、2001年のトラブル発生時にも有効だった。

フライトディレクターを務めるヒル

ヒルは、スペースシャトルとISSの計24回のミッションでフライトディレクターを務めた。

Paul Sean Hill

「シャトルを失うところだった」

管制センターは、ISSとスペースシャトルの両方のクルーを起こし、冷却ループの問題解決に当たらせた。エンジニアリングサポートチームは、原因を特定できなかった。ヒルとスタッフはデータをチェックした。管制センターを静寂が包んだ。

「全員がいつもより集中し、いつもより冷静だった。データをチェックし、必要な会話を交わし、音声システムを介してフライトディレクターと話し、物事を進めた」とヒル氏は語った。

クルーは2つの冷却ループを通常より高温にして稼働させることで問題を解決した。

最終的にディスカバリー号はミッションを完了し、無事、帰還した。その後、冷却システムを調査したところ、ループ内に過剰な水分が存在していたことが分かった。

「あの措置をとらなければ、我々はシャトルを失うところだった」とヒルは語った。

「トラブル発生がISSとのドッキングを解除した後だったら、あるいはISSから急いで離脱し、帰還を試みるといった無茶をしていたら、宇宙飛行士を失っていた可能性は大きい」

ミッションが完了すると、ISSのプログラムマネージャーがやってきて、管制センター全員の対応を称えた。

「その時、ようやく我に返って、こう思うことができた。『そのとおり、チームの皆はよくやっている。本当に優秀だ』と」

「その時までは、とにかく間違ってはいけない、何も見逃してはならないと必死だった」

パニックにならないための管制センターの戦略

この高い集中状態は、管制センターのスタッフが危機的な状況に対処する方法の1つ。「髪を振り乱して走り回る」のではなく、チームは以下のような問題に対処し続けるとヒルは語った。

  • 状況について、何を把握し、何を把握していないのか?
  • データが実際に示していることは何か?
  • この状況がもたらす最悪の結果は何か?
  • メンバーは知り得た情報を確実に把握しているか? もっと情報を得る方法はないか?
  • ミッションを継続するために、あるいは全員の安全を維持するために、すぐにできることはないか?

過去の取り組みや結果に捕われて、直面している危機に対する判断を歪ませないことも重要とヒル。それは、宇宙でのミッションでも、あなたのビジネスの立ち上げでも同じだ。

「トラブル状況にあるときは、悪いことが次々と起こり、急いで対策を取らなければならないと感じてしまう。そして多くの人は 『そう、こんな状況は前にも経験した。この対策はこれまでに3回やったことだ。いつも上手くいった。だから今回も上手くいくはずだ』と思ってしまう」


管制センターの様子

「管制センターでどんなにひどい緊急事態に直面しても、訓練を受け、そうした状況に慣れていれば、対処することは難しくない」とヒルは語った。

Paul Sean Hill

「信じられない、よくあんなことができたものだ」

だからヒルは、管制センターのスタッフが過去の成功に捕われないよう、スタッフに常にわずかな「恐怖心」を感じさせてきた。

「重要なことは、今何をすべきか、今何を決断すべきかだ。データをチェックし、正しい判断を行い、正しい行動をとり、正しいアドバイスを行わなくてはならない。そうして初めて、我々の友人である宇宙飛行士たちを守ることができる」

科学的な分析と具体的な問題解決に取り組むことで、管制センターのスタッフは危機的状況の真っ只中にあっても、冷静かつ論理的でいられるとヒルは語った。

「昔の上司は『危機の最初の兆しが見えた段階で窓から飛び降りるのは早すぎる』と言っていた。もう少し、情報を集めよう。パニックにはその後、いつでもなれる」

ディスカバリー号の冷却システムが危機的状況に陥っていた間、ヒルはまさにそう行動した。

「管制センターでどんなにひどい緊急事態に直面しても、訓練を受け、そうした状況に慣れていれば、対処することは難しくない」とヒルは語った。

「だが、シフトを終えて外へ出たとき、空を見上げてこう思ったことを覚えている。『信じられない、よくあんなことができたものだ』と」

(敬称略)

[原文:A former NASA flight director explains how to stay calm in a crisis

(翻訳:高橋朋子/ガリレオ/編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

メールマガジン購読

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい