「トランプは非常識」人気ゲーム会社が国境沿いの土地を購入、壁の建設阻止へ

人権侵害カードゲーム

Cards Against Humanity

  • アメリカのカードゲーム会社「Cards Against Humanity」は、トランプ大統領が提案する国境の壁の建設を阻止するため、メキシコとの国境沿いの空き地を購入したと発表した。
  • 同社はトランプ大統領のことを「メキシコ人を恐れる非常識なゴーレム」と呼んだ。
  • 同社はこのキャンペーンに15ドル(約1700円)の寄付をした人全員に、購入した土地の地図をプレゼントすると約束している。

ブラックユーモアあふれる人気パーティーゲーム「Cards Against Humanity(人権侵害カード)」で知られるアメリカのカードゲーム会社は、トランプ大統領が提案する国境の壁の建設を阻止するため、メキシコとの国境沿いの空き地を購入したと発表した。

同社はこの「アメリカ救済」のためのキャンペーンに15ドルの寄付をした人全員に、購入した土地の地図の他、6つの「サプライズ」をプレゼントすると約束している。

キャンペーン用に作成されたウェブサイトによると、地図とその他のアイテムは来月、寄付者の自宅に届けられる。

USA Today紙によると、キャンペーンが始まってから7時間で「サプライズ」パッケージは売り切れとなった。

「ドナルド・トランプはメキシコ人を恐れる非常識なゴーレムだ」同社はウェブサイトで述べている。「200億ドル(約2兆2600億円)を投じて、どう見ても何の意味もない壁を建てたがるほどに、彼は恐れている。そこで我々は国境沿いに空き地を購入し、それによって壁の建設にできるだけ多くの時間と高額な費用が必要となるよう、この分野を専門とする法律事務所を雇った」

[原文:Cards Against Humanity bought land to block Trump's border wall and released a statement insulting the president]

(翻訳:まいるす・ゑびす/編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中