ロシアが公開、新型の超音速戦略爆撃機「Tu-160M2」

Tu-160M2

Tu-160M2

United Aircraft Corporation


ロシアは11月16日(現地時間)、新型の超音速戦略爆撃機Tu-160M2 ブラックジャックを公開した。The Driveによると、この機はTu-160MやTu-160のアップグレードモデルだ。

一方、The Aviationistは、ロシアのメディアは「表向きは旧ソ連時代のTu-160の改良モデルに見えるが、Tu-160M2はその名前とは異なり完全に新しい爆撃機だ」と伝えたとしている。

新型ブラックジャックは2018年に初飛行を行い、2021年には量産が開始される予定。

性能の全容はまだ不明、現時点で分かっていることを紹介しよう。

ロシアでの愛称は「ホワイトスワン」、NATOコードネームは「ブラックジャック」。

格納庫の中のTu-160M2

United Aircraft Corporation

出典 :airforce-technology.com,The Drive


Tu-160M2は、2014年に運用が開始されたTu-160Mの改良モデル。

前モデルのTu-160M

REUTERS/Host Photo Agency/RIA Novosti


オリジナルのTu-160は1987年に運用開始。旧ソ連時代だ。

オリジナルのTu-160

AP Photo


Tu-160はしばしば米空軍のB-1B ランサーと比較される。

B-1B ランサー

Staff Sgt. Bennie J. Davis III/USAF/Handout via REUTERS

B-1B ランサーの詳細は「B-1Bランサー、北朝鮮ミサイル基地攻撃のファーストオプション」で。

能力の全容はまだ不明、だが基本設計は同じながら、大幅に進化した機体になると伝えられる。

大幅に進化したTu-160M2

United Aircraft Corporation

2015年、ロシアのタス通信は新型ブラックジャックは旧型と60%の部品を共有すると報じた

Tu-160の仕様はこちら、Tu-160Mの仕様はこちら

出典 : The National Interest


報道によると4基の新型エンジン「NK-32 02シリーズ」を搭載、航続距離が600マイル(約966キロ)伸びると見られる。

エンジン

Rostec

オリジナルのTu-160に搭載されたNK-32は、当時からすでに強力なエンジンだった。推力は5万5000ポンド(約25000キロ)。一方、B-1B ランサーのエンジンの推力は約3万ポンド(約1万4000キロ)。

出典 : The Drive, The Aviationist

また新型のアビオニクス(航空電子機器)、センサー類、通信システムも搭載。

機首

United Aircraft Corporation

出典 : The Drive, The Aviationist

改良された慣性航法、衛星航法、天体航法システムは万一、GPSシステムが破壊された際のバックアップとなる。アクティブ電子走査アレイレーダーは長距離かつ正確なターゲット捕捉を可能にする。

全景

United Aircraft Corporation

出典 : The Drive

KRET製の新型自己防衛システムも搭載している模様。

全景(横から)

United Aircraft Corporation

新しい自己防衛システムは、赤外線カウンターメジャー(対抗手段)、レーザー、あるいは電磁ビームの組み合わせでミサイルから機体を守る。

出典 : The Drive, KRET

主要ミッションはおそらく前モデルのTu-160Mと同じ、巡航ミサイルKh-101や核巡航ミサイルKh-102を搭載する。

全景(横から)

United Aircraft Corporation

出典 : The Drive

ロシアは少なくとも50機のTu-160M2の導入を目指している。

全景(後ろから)

United Aircraft Corporation

出典 : The Drive

格納庫からロールアウトするTu-160M2[動画]


[原文:8 photos of the Tu-160M2, the new long-range super bomber that Russia just unveiled

(翻訳:塚本直樹/編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい