オフィスと農場が同居する16階建てビル、スウェーデンで1棟目を建設中

高層グリーンハウス

Plantagon

世界の人口は2050年までに96億人に達すると予測されている。そのうち都市部に暮らす人口は、66%を占める。そして多くの都市で、増え続ける人口を賄うための食料の確保が問題になるだろう。

スウェーデンのフード・テック企業プランタゴン(Plantagon)は、都市部の食料対策として、オフィスビルの中に巨大な屋内農場を併設する「高層グリーンハウス(Plantscraper)」を提唱している。同社は現在、スウェーデンのリンシェーピング(Linköping)に、世界初の「高層グリーンハウス」を建設中だ。

The World Food Buildingと名付けられたこのビルでは、土を使わない水耕栽培が採用されている。また同社CEOハンス・ハッスル(Hans Hassle)氏は、屋内農場の大部分が自動化される予定とBusiness Insiderに語った。

2012年に建設が始まった「高層グリーンハウス」の費用は4000万ドル(約45億円)。2020年の初めにはオープンする予定。

「高層グリーンハウス」を見てみよう。

The World Food Buildingは年間550トンの野菜が栽培可能。5500人分の年間消費量に相当する。

高層グリーンハウス

Plantagon

出典:Helgi Analytics

16階建てビルの正面は屋内農場、裏側はオフィススペース。

高層グリーンハウス

Plantagon


約3分の2がオフィススペース、残り3分の1が屋内農場となる。

高層グリーンハウス

Plantagon

すでに入居を受け付けており、手続きを始めている企業も。

栽培には、自然光とLEDを使用。

高層グリーンハウス

Plantagon


LEDの光は特定の周波数に調整される。栽培効率を最大化するためだ。

高層グリーンハウス

Plantagon


ロボットが栽培プロセスの大部分を担うことで、運用コストを削減。

高層グリーンハウス

Plantagon


「高層グリーンハウス」は、同じ広さの農地に比べて、より多くの作物を、より少ない土地と水で栽培できるとハッスル氏は語る。同氏は1年間にCO2排出量を1100トン、水を100万ガロン(約3800立方メートル)削減できると試算している。

高層グリーンハウス

Plantagon


屋内農場の様子が見える会議室も。

高層グリーンハウス

Plantagon


一般客も利用できる飲食店も併設される。

高層グリーンハウス

Plantagon


さらに野菜を購入できるマーケットも。近隣のレストランや小売業者がプランタゴンから直接、購入できるようにし、売り上げを屋内農場の運用コストにあてるとハッスル氏。

高層グリーンハウス

Plantagon


違うデザインのビルもある。球状のデザインが印象的だが、建設予定はまだない。

高層グリーンハウス

Plantagon


内部には、らせん型の栽培ライン。作物は自動的に下から上へ移動し、また下に戻ってくる。このサイクルは作物によって異なるが、通常は約30日とハッスル氏は語った。

高層グリーンハウス

Plantagon


プランタゴンは、1件目の「高層グリーンハウス」をきっかけに、世界中の都市で多目的に活用できる大規模な屋内農場ビルの建設が進むことを期待している。

高層グリーンハウス

Plantagon

スウェーデン、シンガポール、アメリカ、香港、そして上海のディベロッパーと交渉中。

ハッスル氏はより多くの都市で、中心部に近い地域での食料栽培を行うべきと考えている。「我々のプロジェクトは将来、都市部で土地や水、他の資源が不足した際に、人々に食料を供給する手法を提示している」。

高層グリーンハウス

Plantagon


[原文:This $40 million robotic 'plantscraper' will feed over 5,000 people per year

(翻訳:忍足 亜輝/編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい