苦境に立つアンダーアーマーから、幹部が続々と逃げ出している

アンダーアーマー

Facebook/Under Armour

アンダーアーマーの幹部は、どうやら会社から逃げ出し始めたようだ。

ウォール・ストリート・ジャーナルは21日(現地時間)、過去2年間にわたってアンダーアーマーのフットウェア部門のシニア・バイスプレジデントを務めてきたピーター・ルッペ(Peter Ruppe)氏が、同社を去ることになったと報じた。

アンダーアーマーでは10月以来、幹部の辞職が相次いでおり、共同創業者や最高マーケティング責任者(CMO)、女性部門やユース部門の責任者、スポーツ・ファッション部門の幹部がすでに会社を後にしている。

ウェルズ・ファーゴが今年、若い男性消費者を対象に行った調査によると、アンダーアーマーのシューズの好感度は低い。投資家向けのメモの中で、ウェルズ・ファーゴのアナリストは、アンダーアーマーを好ましいと回答した調査対象者はわずか27%にとどまったと述べている。

同社の今年のシューズの売り上げは、ほぼ横ばいだ。

アンダーアーマーは10月に発表した第3四半期決算で、売上高を前年同期比5%減の14億ドルと報告、通期の業績見通しを引き下げた。

「売り上げが2桁成長した、栄光の日々は終わった」リサーチ会社グローバルデータ・リテール(GlobalData Retail)のマネージングディレクター、ニール・ソーンダース(Neil Saunders)氏は語っていた

[原文:Under Armour executives are fleeing the struggling company (UA)

(翻訳/編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい