ユーロファイター タイフーン、ミラージュ2000、F-15、F-16……8カ国が参加したイスラエルでの多国籍空軍演習

F-15

F-15に乗り込むイスラエル空軍のパイロット。11月8日。

REUTERS/Amir Cohen

イスラエル空軍史上、最大の多国籍演習「ブルーフラッグ2017(Blue Flag 2017)」が、同国オブダ空軍基地(Ouvda Air Force Base)で行われた。

8カ国から約1000人が参加、演習は「激しい空中戦と多国籍軍による共同作戦を可能な限り現実的にシミュレートすること」が狙い。戦闘機、ドローン、ヘリコプター、対空ミサイル、さらに陸上部隊も参加した。

ブルーフラッグ2017には今年、ドイツ、インド、フランスが初めて参加した。これまではイスラエル、アメリカ、ポーランド、イタリア、ギリシャが参加した。

オブダ空軍基地の司令官は、ドイツが参加することには特別な意味があると述べた。

「ドイツ空軍の戦闘機が我軍の格納庫に入っていった。この日を忘れることはないだろう」とイワマール大佐はイスラエル・タイムズに語った

8カ国の空軍による演習の様子を見てみよう。

ブルーフラッグ2017はイスラエル史上、最大の空軍演習となった。

ブルーフラッグ2017

Associated Press


リアルな空中戦と対空ミサイルに対する防御をシミュレートすることが目的。

空中戦

Associated Press


演習は空中戦に限らない。インド空軍の特殊部隊「ガルダ(Garud)」とイスラエル空軍の特殊部隊による共同訓練。

インド空軍とイスラエル国防軍

Israeli Air Force


ドイツ、インド、フランスの空軍が初めて参加。オブダ空軍基地の上空を飛ぶドイツ空軍のユーロファイター タイフーン。

ユーロファイター タイフーン

Associated Press


フランス空軍は同国が誇る「ミラージュ2000D」の能力を見せつけた。

ミラージュ2000D

Associated Press


ミラージュ2000の別カット。デルタ翼が特徴。

ミラージュ2000D

REUTERS/Amir Cohen


アメリカ、ポーランド、イタリア、ギリシャも存在感を示した。アメリカ空軍のF-16。

F-16

Reuters


もちろん、最も多く参加したのはイスラエル空軍(IAF)。

イスラエル空軍

AP Photo/Ariel Schalit


訓練開始を待つイスラエル空軍のF-16。

イスラエル空軍のF-16

Associated Press


[原文:8 countries took part in Israel's largest-ever air drill — here are the impressive photos

(翻訳/編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい