潜入:「インスタ偏差値」で格付けする斡旋業者たち バレるフォロワー買い、価格一覧表も

RTX3GCCO

インスタグラマーの価値は、いいね数やフォロワー数などにより、明確に決まっていく。

REUTERS/Toru Hanai

インスタグラマーは、今やタレントの卵や読者モデルだけでなく、学生や主婦、子供にも広がる。

インスタグラマーの価値は、インスターグラマーのキャスティング会社によってフォロワー数やその影響力が数値化され、企業は彼女たちを、価格や属性の一覧表から選び、「仕事」を発注する。何とも機械的に人の価値が決まるシステムだが、システム化されたことによって「フォロワー買い」が疑われるアカウントも見抜くことができる、と関係者は語る。

関連記事:1フォロワー3.5円、膨張する「インスタ」バブルを象徴する3つのキーワード

インフルエンサー無料案内所

アドテック東京では、インフルエンサーの無料案内所も出現した。

撮影:木許はるみ

インスタグラマーと企業をマッチングさせるキャスティング会社は、国内に約30業者ほど存在するという。

大手タレント事務所からYouTuberが経営する事務所、元グーグル社員による事務所など、幅広い。

専属のインスタグラマーやフリーのインフルエンサーを抱える事務所など、事業の形態は多様だ。

複数業者にヒアリングすると、何フォロワーからが「インスタグラマー」か、という基準も各社によって違う。「1万以上いないとスカウトしない」という事務所もあれば、2000フォロワーから仕事を発注する企業もある。

「インスタグラマー」の価格は属性別データベースで管理されている

インスタグラマーの価格テーブル

費用はフォロワー数やいいね数によって決まる。

出典:ROOSTER

国内のキャスティング会社は、インスタグラマーの影響力を数値化し、価格を付けている。

国内最大級というインスタグラマーのキャスティングツール「ROOSTER」(ルースター)は、インスタグラマーと企業のマッチングサイト。インスタのユーザー1400人が登録する。フィリピンでインスタグラムのマーケティングを経験した甲斐優理子さん(27)が代表を務める。

ルースターの企業向けメニューでは、インスタグラマーの「性別」、「フォロワー数」、「既婚か未婚か」、「子供の有無」、「予算」の6つの条件を選択できる。 希望の条件をマークすると、一覧表には、各インスタグラマーの「フォロワー数」「平均いいね数」「平均いいね率」「年齢」「価格目安」などが表示される。

企業は、イメージに合うインスタグラマーにチェックを入れ、費用を一括で見積もることができる。 仮に一番条件が高い、フォロワー数「5万以上」、予算を「300万円まで」としてみると、50万以上のフォロワーを持つ未婚の女性(28)が一覧表のトップに表示された。女性は平均いいね率が1.5%。価格の目安は192万円だった。

「価値」を偏差値に換算、洗練進むビジネス化

インスタ偏差値

偏差値化するPONY。まだ人気を測る指標としては、曖昧な点もあるという。

出典:PONY

さらに、パスチャーでは、「PONY」というツールで、インスタグラマーを「偏差値」化している。

フォロワー数やエンゲージメント率、投稿時間など50の指標から、拡散力、成長力、影響力などの5項目を評価する。

自分と親和性の高いアカウントやフォロワーがアクティブな時間、人気が出る写真の撮り方をアドバイスする。ちなみに一度も投稿をしたことのないアカウントで試すと、すべてF評価で、インスタ偏差値は21だった。

甲斐さんは「米国ではSNS上での信用度に応じてキャッシング枠が調整されることもあり、評価経済的な流れのひとつで役立てたい」と偏差値化に取り組む意気込みを説明した。

「偽フォロワー」持ちはバレる

kaisan

フィリピンでインスタグラムを活用して、アパレル商品を販売していた甲斐優理子さん。

人々の価値が「いいね数」「フォロワー数」などで決まり、価格が一覧表で表示されるシステムは、機械的に人の価値を数値化している。

甲斐さんは、インスタグラマーの価値を見える化する背景を「登録するインスタグラマーの中にも、半年前からフォロワーを買う人が出てきた。1万フォロワーあっても、10いいねしかない。そういう人がパッと見て、ちらほらと出てきた」と説明する。

フォロワーを買っていたようなアカウントは、サービスの利用を停止した。例えば、その中には、読者モデルのアカウントも含まれた。甲斐さんは「読者モデルが雑誌に載るだけなら、人気の度合いは見えにくいが、フォローはステータスが歴然としている。劣等感が生まれ、買ってしまうのでは」と話す。

パスチャーでは、疑わしいインスタグラマーを一掃するため、「今年の初めごろから、『平均いいね数』や『平均いいね率』、『フォロワーの属性』や『フォロワーのアクティブ率』について分析している」(甲斐さん)。

偽フォロワー見抜く業者、売る業者も次の手

一方、一部のインスタグラマーが手を出してしまう「偽フォロワー」の売買は、どのような業者が行なっているのか。「1000フォロワー980円」「日本人フォロワー」「毎月の定期付与」 とネット上では、さまざまな業者がフォロワーを売っている。

インスタグラムのフォロワービジネスに詳しい関係者によると、「インスタグラムは、1つのパソコン、スマホから作れるアカウントの数に限りがある。個人事業主がパソコンをたくさん持っている人にお願いして、ダミーアカウントを作っている」と明かす。ただし、やはりキャスティング会社にはすぐにバレてしまうという。偽フォロワーがいても、投稿に対してリアクションがないためだ。「(本来なら)エンゲージメント率は10%ほどないとおかしい」と話す。

フォロワー売買

フォロワーはネット上で販売されている。種類は、ダミーやリアルなど、さまざま。

出典:グーグルショッピング

偽フォローを見抜くため、今はいくつかのキャスティング会社が、ROOSTERのようなシステムを持っている。

このようなシステムのほか、インスタグラマーに「ハッシュタグテスト」を課すサイトもある。インスタグラマーは、サイトの名称を「#」で自身のインスタグラムに載せ、サイトの記事を投稿する。アカウントから一定のユーザーがサイトに訪れると、合格という仕組みだ。

しかし、ネット上では、“リアルフォロワー”を販売する業者もある。「独自ルートで日本人ユーザに直接にフォローを依頼している」と販売サイトには書かれていた。

インスタグラマーの影響を正確に測ろうとする業者もあれば、それに対し、インスタグラマーになりたい人々にさまざまな手を仕掛ける業者もある。

どの業者が真っ当で、どの手法がクリーンなのか。適正価格とは何か取材をしていても、判断を迷うほど、インスタビジネスは拡大している。

(文:木許はるみ)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい