ついに登場、アマゾンのAIスピーカー担当者が語る新機能「Alexa for Business」 —— 会議室予約や予定管理も音声操作

IGNITION 2017

Business Insiderの年次ビジネスカンファレンス「IGNITION 2017」のステージ登壇の模様。写真左が米アマゾンのアレクサ担当バイスプレジデントのトニ・リードさん。聞き手はBusiness Insiderのスティーブ・コバチ(右)。

撮影:浜田敬子

米アマゾン・ドット・コムは11月30日、音声認識機能「アレクサ(Alexa)」の企業向けサービス「Alexa for Business」を発表し、同日サービス提供を開始した。

ニューヨークで開かれたBusiness Insiderの年次ビジネスカンファレンス「Business Insider IGNITION 2017」に、アレクサと音声認識スピーカー「エコー」担当ヴァイス・プレジデント、トニ・リードさんが登壇。同日、ラスベガスで開かれたアマゾンAWSの世界会議「re:Invent 2017」(リ・インベント)で発表されたオフィス向けアレクサ「Alexa for Business」について語った。

アメリカでは、家庭用の音声認識機能が搭載された端末が次々と登場している。同社はアレクサ搭載のエコーでシェアトップだが、ビジネス利用にも広げ、さらにシェアを拡大させる狙いだ。

会議室の予約やスケシュール管理も音声で

alexaforbusiness

アマゾンAWSのAlexa for Businessの紹介ページ。

Alexa for Businessは、会議室の予約やスケジュールの管理を音声でできるようにする。業種や企業によって最適化させることが可能で、機能のアップデートにも対応する。

アレクサは、すでに電話応答や監視カメラなど、企業向けに使える可能性がある機能を追加してきた。 ただ、オフィス内には複数の社員が働いていて、声で操作することが、他の社員の迷惑になる可能性もある。また監視カメラなどが、いつ作動しているのか分からないという懸念もある。

これに対し、リードさんはこう反論した。

「エコーは将来のビジネスインフラになる。また、エコーは音声で起動しない限り、スリープ状態にあり、データはクラウドに送られない」

またリードさんは世界展開についても明かした。

アレクサとエコーは、日本で出荷が始まったばかり。世界展開は、オーストラリア、日本、インドを皮切りに、イギリス、オランダなどにも広げるという。国によって多少ローカライズはさせるが、アレクサの音声が持つ「性格」は、変えないようにするという。

人の声を「個別判別」する課題も

アメリカの自宅用エコーは、マーケットはまだ小さいものの使う人は急増している。自宅では、ラジオ、テレビ、電灯などの起動や、アマゾンでの買い物などに利用されている。アレクサに対応する家電も急増している。

ただロンドンでは、ペットのオウムが、飼い主の女性の話し方を真似て、アマゾンからギフトボックスを購入する「珍事」も発生している。英メディアによると、家族が注文した覚えがないギフトボックスが6箱配達され、オウムが注文した可能性が高まり、話題になった。

専門家は、アレクサには「個別判別」をする課題が残されているとする。

アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は、2017年10月の第3四半期決算発表の際、以下のようにコメントした。

「数千万のアレクサ対応の端末が販売され、前年同期比の5倍以上に増加した」

11月のブラックフライデーから数日間だけで数百万台が出荷されたという見方もマーケット関係者の間にはある。

(文・津山恵子)


津山 恵子(つやま・けいこ):ジャーナリスト、元共同通信社記者。ニューヨーク在住。主に「アエラ」に米社会、政治、ビジネスについて執筆。近所や友人との話を行間に、米国の空気を伝えるスタイルを好む。

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい