イーロン・マスクのトンネル掘削会社、ロサンゼルスの路線案を発表

ロサンゼルスのトンネルネットワーク案を示したの地図

赤線部分がテストに使用される「概念実証」トンネル。トンネルが公共交通機関用に使用許可された場合、青線部分で示されたルートに拡張される可能性がある。

  • イーロン・マスク氏のトンネル掘削会社Boring Companyは、ロサンゼルスのトンネルネットワーク案を発表。
  • トンネルには、自動車を最高速度150マイル(約240キロ)で運ぶ電動ソリが設置される。
  • 同社は「実証実験」用のトンネルを工事中。トンネルの拡大が可能か、公共交通機関として使用可能かどうかをテストする。

ロサンゼルスの地下に交通システムを構築するために設立されたイーロン・マスク氏のBoring Companyが、トンネルのネットワーク案を発表した。

同社はロサンゼルスの交通渋滞にしびれを切らしたマスク氏によって設立された。インターステート105号線の直下に作られるトンネルには、大型の電動ソリが設置され、自動車を乗せて最高時速240キロで移動させることができる。自分の自動車の他に、共用の自動車を利用して移動することも可能。トンネルは将来、ハイパーループ用として使われる可能性もある。ハイパーループは最高速度700マイル(約1130キロ)で乗客を運ぶことができる高速鉄道システム。

工事の最初のステップは、全長6.5マイル(約10キロ)の「実証実験」用トンネルの構築。このトンネルを使って同社は、トンネルを拡張し、公共交通機関として使用するための許可をロサンゼルス郡と市当局から得るためのテストを行う。工事はすでに着手済み、現在、約150メートルが完成している。

マスク氏はトンネルをシカゴ、そしてニューヨークとワシントンD.C.間に作ることも構想している。

[原文:Elon Musk's Boring Company just revealed a map of its proposed LA tunnel system

(翻訳:まいるす・ゑびす/編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい