最新鋭機からレジェンド攻撃機まで —— 米韓合同軍事演習に参加した航空機

アメリカと韓国の共同軍事訓練

US Department of Defense

アメリカと韓国は合同軍事演習を朝鮮半島上空で実施、ICBMの発射実験や過激な発言など、最近、挑発的な態度を強めている北朝鮮をけん制した。

12月4日から8日まで実施の合同演習は「ビジラント・エース(Vigilant Ace)」と呼ばれ、米韓8つの基地から230機と約1万2000人が参加。24機のステルス戦闘機も参加し、アメリカと韓国の絶大な力を北朝鮮に示した。

米韓合同軍事演習に参加している航空機を見てみよう。

F-22ラプター、6機。

米空軍のF-22戦闘機

US Department of Defense


F-35A、6機。米空軍の最新鋭機がこれほどの規模で参加したのは異例。

F-35Aも参加予定

US Department of Defense


F-35B、12機。米海兵隊が運用する短距離離陸・垂直着陸(STOVL)が可能なタイプ。合計24機のステルス戦闘機が揃った。

F-35Bまでも

Courtesy of Lockheed Martin


B-1Bランサー、2機。超音速戦略爆撃機B-1Bはしばしば朝鮮半島付近を飛行し、北朝鮮をけん制してきた。

B-1Bも登場へ

U.S. Air Force photo/Airman 1st Class Jacob Skovo/Handout via REUTERS.


米海軍のEA-18Gグラウラー、6機。通信妨害など高度な電子戦能力を誇る。

EA-18Gが6機

Cmdr. Ian C. Anderson/US Navy


F-15C、数十機。30年近く最強の座を誇った。

F-15Cが多数

US Air Force Photo


F16、数十機。米空軍のもう一つの主力戦闘機。

F16も複数機が参加

US Air Force


F/A-18ホーネット。米海軍の主力戦闘攻撃機。

米海軍のF-18も参加

Staff Sgt. Aaron Allmon, US Air Force


A-10。伝説の近接航空支援機も。

A-10

Senior Airman Chris Drzazgowski/US Air Force


U-2。往年の高高度偵察機。7万フィート(約2万1000メートル)で行動可能。演習に参加の航空機の中で最も高く飛べる。

U-2

U.S. Air Force/Getty Images


韓国空軍(ROKAF)のF-15Kスラムイーグル。

F-15K

AP Photo/Yonhap, Lee Jae-hyuk


韓国空軍のKF-16。F-16の韓国空軍バージョン。

KF-16

Associated Press


韓国空軍に最近導入されたFA-50。

FA-50

REUTERS/Romeo Ranoco


F-5。韓国空軍の旧型の戦闘機。

F-5

Reuters


合同演習は実施中。米空軍のF-16ファイティングファルコン(右)と、F-35AライトニングII(左)。

F-16とF-35A

Senior Airman Colby L. Hardin/U.S. Air Force via Getty Images


F-16の飛行中隊。

5a26c6f43dbef4db018ba13f

U.S. Air Force/Staff Sgt. Franklin R. Ramos/Handout via REUTERS


着陸体制に入ったEA-18Gグラウラー。

EA-18G

AP Photo/Ahn Young-joon



[原文:These are the fighter jets and military planes being used in the US and South Korea's massive air drills

(翻訳:塚本直樹)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい