ビットコインに続け! 急騰アルトコインに熱狂する「ガチホ」投資家たち

仮想通貨の中でもビットコイン以外のものを「アルトコイン」と呼ぶ。ビットコイン価格が初の200万円超を記録した2017年12月、アルトコインの価格が大きく上昇した。熱狂の中にあるアルトコイン投資家たちを取材した。

XRP100円突破で歓喜する、仮想通貨「リップル」ファン

100円はまだ通過点。リップルの可能性はこんなものではないと思っています

リップル(XRP)の9月24日からのチャート

リップル(XRP)の9月24日からのチャート。12月15日に1XRPが100円の値をつけた。

参照:coincheck

12月15日、仮想通貨リップル(通貨単位:XRP)が最高値をつけ100円を突破。そのニュースを前にツイッター上ではリップラー(XRPのファン)が歓喜の声を上げた。しかし「XRPハットリ」さんは冷静だった。

仮想通貨情報サイトCoinMarketCapによると、12月15日時点でリップルの時価総額はビットコイン、イーサリアムに次ぐ3位で、アルトコインの代表格だ。

リップルはブロックチェーン技術を活用し、海外送金コストを安く抑え、わずか4秒で決済が完了することをうたう新しい国際送金システムだ。運営はリップル社が担い、出資者にはGoogle Venturesやアクセンチュアが名を連ねる。日本ではSBI Ripple Asiaがアジア地域の金融機関・送金事業者へ決済基盤を提供している。

(関連記事:SBIがブロックチェーン技術者養成ネットワークを設立 —— NTT、日本マイクロソフトが参加へ


xrphattoriXRPハットリさんのツイッターアイコン。

会社員兼個人投資家であるXRPハットリさんが仮想通貨に出合ったのは2017年4月。株の情報交換をしている友人に勧められたのがきっかけだった。当時はビットコインしか知らなかったが、友人の勧めもあって、すぐにクレジットカードで約5万円分を1XRP3円前後で購入。ゴールデンウィークには50円前後にまで跳ね上がった。

しかしその後、XRPの価格は25円に半減。

「安く購入していたとはいえ、また一桁に戻るかもと思って、あの時は顔面蒼白になりました

しかしそれを越えたから「今がある」。今ではむしろ「買い増ししたいから落ちてこないかなと楽しみにしているほど」だと言い、日々ツイッターでリップラー仲間から情報収集をしている。

「リップラーはガチホ勢(短期トレードではなく、ガチで仮想通貨のホールドを続ける人)が多く、激しく売買する人もいないので、ツイッターではくだらないことを話して盛り上がったりしています。下落にも慣れ、下がっても買い増ししようというポジティブな考えの人が多い」

そんな中、今回の急騰。しかし、XRPハットリさんはまだ「ガチホ」を続けるという。金融機関やカード決済などで、Ripple社の技術やXRPが使われる時代がくるのを楽しみにしているからだ。

「XRPはいずれ1000円は行くと思うし、行ったらそこからは早いはず。2020年頃までには実現してほしい。それまではガチホです

「仮想通貨“NEM”で新しい経済圏を実現」意気込む人々

nem barの内装

12月7日、nem barのオープン日に行ってみたが、満席で入れなかった。

12月上旬の渋谷。Bunkamura近くに位置するバー「nem bar」のオープニングは、満員の人でごった返していた。

僕らがブロックチェーンを社会に浸透させなきゃいけないんです。NEMならそれができる。これはその実験ですね

バーのオーナー「暗号太郎」さんは店内を見回しながら言う。

アルトコインの一種、NEM(通貨単位:XEM)。2015年に始まり、2017年から価格が急騰。12月には価格が過去最高の60円を突破した。nem barは、“世界初のnem好きのためのバー”をうたい、2017年12月、渋谷にオープンした。

「NEMのいいところは、プログラムの知識があれば比較的簡単にブロックチェーンの力を使って社会を変えることができるところ。NEMを使えば、既存のリソースで一気にブロックチェーンを普及させることができる」(暗号太郎さん)

NEM barに飾られていたNEMグッズ

nem barに飾られていたNEMグッズ。ロゴはシールド(盾)を模しており、セキュリティの強さを表したものだと暗号太郎さんはいう。

暗号太郎さんは「かつて株で100万円を1億にしたことがある」起業家兼投資家だ。2016年5月頃にテックビューロ社がきっかけでNEMを知り「初めは儲かるかな、といった軽い気持ちで」NEMを購入した。

その後NEMの魅力にのめり込み、今年に入ってからNEMのスーパーノード(300万XEM以上NEMを保有している人のこと。NEMのネットワークに貢献し、報酬として定期的にXEMを得る資格を持つ)となった。12月15日現在、300万XEMを日本円に換算すると約1億9500万円だ。

今年12月には、事業で得た資金を投入し、nem barをオープン。サポートにはツイッターで知り合ったNEMのファン(「NEMber」と呼ばれている)の「こたつにゃんこ」さんや「Kamatsukachan」さんが集まった。KamatsukachanさんはXEM払いのみのフリーマーケット「nemket(ネムケット)」の主催もしている。

暗号太郎さん・Kamatsukachanさん

暗号太郎さん・Kamatsukachanさん。日中はそれぞれ別の仕事をしているそうだ。

「仮想通貨はそれぞれ目的が違うんです。ビットコインはデジタル通貨。リップルは国際送金。NEMはニュー・エコノミー・ムーブメント(New Economy Movement)の略。新しい経済圏をみんなで作っていく、という意味。そこに自分たちも貢献したい」(暗号太郎さん・Kamatsukachanさん)

その通貨は俺が育てた

edindinさん

仮想通貨投資がきっかけで最近転職が決まったというedindinさん。

『その通貨は、俺が育てた』みたいな。僕以外誰も名前も上げていなかったような通貨が、僕が発信することで有名になっていくのを見るのが楽しいですね

アルトコインの中でもさらにマイナーなコインであり、開発者の素性が分からなかったり今後価値が上がるか不明なコインを「草コイン」という。愛好家として知られる「edindin」さん(26)は、草コイン投資の魅力について、笑顔でそう語った。

edindinさんが仮想通貨投資を始めたのは2017年5月だ。リップルが急騰し50円前後の価格となり、2ちゃんねるのまとめサイトでいわゆる「億り人(資産が1億円を超えた人)」が出現しているらしいことを見たことがきっかけだった。

それまでビットコインは知っていたが、当時の値段で10万円ほど。さすがに高すぎると判断し投資はしなかった。一方リップルは急騰した当時でも約50円。「これなら全然変える」と投資を決断した。

しかし、リップルの価格はその後低迷した。目をつけたのが「草コイン」だ。仮想通貨には数千ともいわれる銘柄があるが、日本の取引所で扱っている通貨はまだ少ない。

日本で話題になる前に仕込んでおけば儲かるのでは」。最初は10万〜15万円くらいを投資。他の通貨にもそれぞれ5万円ほどを投資していき、50万円ほどを投資した。

草コイン投資の醍醐味は、元々がマイナー通貨であるために価格が一気に数十倍〜百倍に跳ね上がる可能性もあるということだ。例えば、edindinさんは1.5ドルほどで購入した「ADK」という通貨が50ドルの値をつけた経験があるという。ここまでの値上がりはメジャーなアルトコインではまず体験できないが、その分だけ投資のリスクは高い

「投資する仮想通貨」私が選ぶ条件

怪しい「詐欺コイン」も玉石混交な草コイン市場。詐欺に遭わないために、edindinさんは投資する草コインの条件を決めている。

まずは、ビットコインではできないことを成し遂げようとしていることだ。ビットコインの大幅な値上がりでコピーのような通貨が大量に生まれているが、ビットコインで代替できるものに投資のメリットはないと言う。例えば、前述したアルトコイン「ADK」はブロックチェーンではない技術を使っており手数料も無料と、オリジナリティがあったそうだ。

さらに草コインの中でもICO(イニシャル・コイン・オファリング、企業等が新規に仮想通貨を発行することによって資金調達をする手法) やプレマイニング(開発者が事前にコインをマイニングして一部もらう仕組み)を導入しているコインも危ないことが多いという。これらを使うと簡単に資金調達ができるため、資金調達後に開発者が行方をくらませてしまうなど「詐欺を働くインセンティブがある」。

STRAKS

edindinさんが目をつけている草コイン、STRAKS。とある通貨の開発者が逃げてしまったため、その通貨を持っていた人が立ち上がって作った「リメイク通貨」だという。

逆に開発費をすべて寄付などでまかなうプロジェクトについては、詐欺のしようがないため信用できる、と考えている。開発者のインセンティブが「その通貨をコミュニティを含めて盛り上げていきたい」というものであるため、自分としても投資に熱が入る。

お金を稼ごうと思ったら開発を頑張るしかない、そういうのは信用できますね

投資利益率(ROI)が1000%など、非常に高い場合も詐欺のケースが多い。しかし、たとえ詐欺とわかっていても、売り抜けることを目的として投資する人もいるそうだ。

草コインが入手できる取引所はまだ規制が追いついていないため、サーバーが落ちたり取引所自体がなくなってしまうリスクもある。edindinさん自身も不安を感じた経験があるものの、今は「感覚が麻痺してしまった」。

市場を自分で動かせる、アナーキーなところが好きですね。もしその通貨が有名になったら、メジャーデビューしたアーティストを、俺はインディーズの頃から目をつけていたぞ、みたいな優越感に浸れるんです

(文・写真:西山里緒)

(編集部より:12月15日20時20分に公開した記事の中で、イーサリアムのセキュリティに関して不適切な表現がありました。お詫びして訂正いたします)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中