ビットコインの価値は“ゼロ”かも —— モルガン・スタンレーがレポート

bitcoin_price_1226

過去1週間のビットコイン価格。12月26日夜時点。

Markets Insider

  • ビットコインは先週、大きく下落した後、12月26日夜時点で約1万5700ドルとなっている。
  • モルガン・スタンレーは最新のレポートで、ビットコインの価値を評価することは難しいと指摘。
  • ビットコインを支払い手段と考えている人が少ないことは、実際の価値が“ゼロ”かもしれないことを示している。

モルガン・スタンレーのアナリスト、ジェームズ・フォーセッテ(James Faucette)とそのチームは、ビットコインの本当の価値は“ゼロ”かもしれないとするレポートを数日前にクライアントに送った。

ゼロだ(レポート作成時点で、ビットコインの価格1万4400ドルだった)。

「ビットコイン解読(Bitcoin decrypted)」と題したレポートは、ビットコインの目標価格を記していない。

だが「ビットコインの評価を試みる」と題したセクションで、フォーセッテはビットコインに価値を見出すことが難しい理由を記している。以下のような内容だ。

  • 明確な回答は大変難しい。だが、いくつか考慮すべき点がある。
  • ビットコインに通貨としての価値はあるだろうか? ノー。ビットコインに関連するような金利は存在しない。
  • デジタルな金(ゴールド)のようなものだろうか? そうかもしれない。エレクトロニクスやジュエリーなどに用いられる(本物の)ゴールドのような本質的な用途はない。だが、投資家はビットコインに何か価値があると考えている。
  • 決済に使えるだろうか? イエス。だが利用範囲は極めて限られる。
  • ビットコインの1日あたりの平均取引量は30億ドル(過去30日間)、対して、FXのそれは5兆4000億ドル。
  • 支払いに使用された量は、1日あたり推定3億ドル以下、対して、VISAカードは170億ドル。

フォーセッテは、ビットコインでの支払いを受け付けているオンライン小売業者の数を示したチャートを自身の議論の根拠とした。チャートは「現実的には受け付けられず、縮小している(Virtually no acceptance, and shrinking)」という題名だ。


retailerswhoacceptbitcoin2

たぶん、これまでで最も悲しいビットコインに関するチャート。

Morgan Stanley

「もしも誰もビットコインを支払手段として受け付けないなら、それは価値が“ゼロ”ということになる」とフォーセッテは指摘した。

もちろん、仮にビットコインで物を購入することができないとしても、まだドル、円など、多くの通貨と交換可能だ。

[原文:Morgan Stanley says the true price of bitcoin might be zero

(翻訳/編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい