世界で最も素晴らしいエコノミークラスを誇る航空会社ベスト10

シンガポール航空

シンガポール航空のエコノミークラス。

Singapore Airlines

  • イギリスの航空サービス格付け会社「スカイトラックス(Skytrax)」は毎年、エコノミークラスが素晴らしい航空会社をランキング形式で発表している。
  • 2017年のリストは日本を含むアジアの航空会社が独占していて、トップ20のうち15を占めている。
  • スカイトラックスでは、エコノミークラスの食事や座席のランク付けも行っている。

航空会社のランキングと言うと、ビジネスクラスやファーストクラスが注目を集めがちだが、多くの消費者にとって重要なのはエコノミークラスだ。事実、搭乗客の大半がそこで時間を過ごしている。航空会社にとっても、エコノミークラスは、いかに正確に業務を遂行できるかが問われるところだ。

なぜなら、ビジネスクラスやファーストクラスに比べ、狭くて、サービスも少ないエコノミークラスでは、搭乗客にとってフライトが心地良いものになるか、惨めなものになるかは、紙一重だからだ。

座席の硬さがフライトの全てを決定づけることすらある。

イギリスの航空サービス格付け会社「スカイトラックス(Skytrax)」は毎年、エコノミークラスの素晴らしい航空会社をランキング形式で発表している

同社によると、ランキングのトップに輝いた航空会社のエコノミークラスは「最先端のエコノミークラスに対する顧客満足度の高さ、機内と空港両方でのスタッフのサービス水準の高さが際立っている」という。

ランキングは105カ国、1987万人の旅行者による評価をもとに作られた。世界320以上の航空会社を、搭乗手続きや座席の心地良さ、サービスの質といった49の指標で評価した。

リストはアジアの航空会社が独占している。トップ10のうち9を、トップ20のうち15を占めている。タイ国際航空が1位に輝き、北米の航空会社はトップ20入りを逃した。

また、スカイトラックスでは、機内食と座席の質についても、個別のランキングを作成している。

エコノミークラスの機内食では、タイ国際航空が1位を獲得、ターキッシュ・エアラインズ、アシアナ航空、カタール航空、日本航空(JAL)がそれに続く。シンガポール航空、オーストリア航空、キャセイパシフィック航空、ルフトハンザ・ドイツ航空、エバー航空もトップ10入りを果たした。

座席の質では、日本航空(JAL)がトップで、アシアナ航空、タイ国際航空、大韓航空、シンガポール航空、カタール航空、エバー航空、全日本空輸(ANA)、アエロメヒコ航空、ガルーダ・インドネシア航空がベスト10に選ばれた。

スカイトラックスが選ぶ、世界で最も素晴らしいエコノミークラスを提供している航空会社を紹介しよう。


10位 ルフトハンザ・ドイツ航空

ルフトハンザ・ドイツ航空

Lufthansa

9位 エバー航空

エバー航空

Facebook/EVA Air

8位 全日本空輸(ANA)

全日本空輸(ANA)

AP

7位 エミレーツ航空

エミレーツ航空

Emirates

6位 日本航空(JAL)

日本航空(JAL)

Facebook/ Japan Airlines

5位 シンガポール航空

シンガポール航空

Singapore Airlines

4位 ガルーダ・インドネシア航空

ガルーダ・インドネシア航空

Flickr/Kentaro IEMOTO

3位 アシアナ航空

アシアナ航空

Facebook/Asiana

2位 カタール航空

カタール航空

Qatar Airways

1位 タイ国際航空

タイ国際航空

Flickr/Brussels Airport

[原文:RANKED: The 10 best economy-class airlines in the world]

(翻訳/編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中