無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


運用総額37億ドルのヘッジファンドがスタッフに求める資質とは?

ossan

Tourbillon Capital Partnersのジェイソン・カープ氏

37億ドル(約4200億円)を運用するヘッジファンドは、優秀なスタッフを雇う方法を知っている。すなわち、「順応性」のある人物を見つけることだ。

Tourbillon Capital Partnersの創設者ジェイソン・カープ(Jason Karp )氏は、投資家向けの手紙に「この数カ月で数十名の経験豊富な応募者と面接を行ったが、望む結果は得られなかった。彼らにはこれまで勤めた会社で身についた多くの悪い価値観や習慣が残っている」と書いた。

カープ氏が求めるのは「経験」よりも、「順応性」だ。2016年夏から同社でインターンをしていた2人のMBA学生は今夏、正社員として入社する。さらにこの夏も2人のインターンを採用する。

ヘッジファンドは長い間、優秀な人材の採用を競ってきた。伝説の投資家スティーブ・コーエン(Steve Cohen)氏は昨年、「堅実な新入社員を見つけるのに苦労した」と語った。コーエン氏の事務所Point72 Asset Managementでは新卒学生向けトレーニングプログラムを行っている。

以下はTourbillonからの手紙の一部だ:

「幸い、就職先としてヘッジファンドは人気があり、優秀な人材が集まる傾向にある。投資チームの各分野に応募した数十名との面談を行った。しかし、彼らには以前まで勤めていた会社で身についた多くの悪い価値観や習慣が残っていることに気づいた。それゆえ、われわれは順応性をもつ個人を見つけ出すことに注力している」

[原文:A $3.7 billion hedge fund interviewed dozens of job candidates, and what it discovered was damning

(翻訳:梅本了平)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み