Alexa対応アプリケーションが急激に増加中

音声インターフェイスが本当に現実のものとなるのなら、アマゾンはかなり好調なスタートを切っていることになる。少なくとも数値上では。Statistaの下記のチャートによると、Amazon Echoに搭載されているAI「Alexa」にはすでに1万以上の「スキル」(第三者による音声認識対応のアプリケーション)が提供されている。これは前の四半期と比較して倍の数字だ。

開発者がAlexaに興味を示していることは同社にとって、間違いなく良い知らせだ。Alexaを搭載したAmazon Echoと常に比較されるGoogle Homeに内蔵されているAI「Google Assistant」と比較してもAlexaは一歩先を行っている。

だが、必ずしも量が質に結びつくわけではない。ひと声かけるだけでUberの車を手配できたり、ピザが注文できることは便利には違いないが、便利なスキルを1つを成立させるためには、CorkOrnaments.comのセール情報や「地球平面説」などの雑多な情報がざっと500は必要だ。

オープンプラットフォームの代償と言えばそうなのだが、音声アシスタントの歴史はまだ始まったばかり。Amazon EchoのユーザーはAlexaを本当に簡単なことにしか活用できていないのだ。

amazons-alexa-assistant-is-gaining-skills-at-a-tremendous-rate

Statista

source:Statista

[原文:Amazon’s Alexa assistant is gaining ‘skills’ at a tremendous rate

(翻訳:まいるす・ゑびす)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい