無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「Galaxy S8」はサムスンの救世主となるか

3月29日は現在のサムスンにとって極めて重要な日となる。

サムスンの次世代フラッグシップモデル「Galaxy S8」の全貌がその日に明らかにされるのだ。スペイン・バルセロナで開催中の「Mobile World Congress 2017」で発表した。

同社にとって「Galaxy Note 7」の発火問題は予想外の大失態だった。ブランドイメージの失墜、売上・利益の減少という逆境を跳ね返すべく、新モデルで捲土重来を狙う。もちろん、今秋、登場予定の「iPhone」新型モデルへの対抗馬ともなる。

ただし、ここ数年、サムスンのモバイル端末ビジネスがAppleに大きく遅れを取っていることは頭に入れておいた方が良い。PCを含む「販売台数」では、両社はほぼ互角の勝負を繰り広げているが、モバイル端末の売上に限定した場合、サムスンはAppleの半分の規模にすぎない(下図参照、Statista)。しかも、サムスンが30モデル以上を販売しているのに対し、Appleは3モデルのみで勝負をしているのだ。

samsung-introduced-10-times-as-many-phones-as-apple-last-year-but-its-mobile-division-made-half-as-much-revenue

Statista

source:Statista

[原文:Samsung introduced 10 times as many phones as Apple last year, but its mobile division made half as much revenue

(翻訳:十河亜矢子)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

tmb_issue_.008

ビジネスパーソンにも効く! 入山先生がこの夏にすすめる3冊【音声付】

  • 入山章栄 [早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授]
  • Jul. 30, 2021, 06:15 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み