コメントを書き込む前にクイズ、ニュースサイトが荒らし行為対策として採用

58b7f3b9ca2b0134028b47c4

NRKbetaは、コメント欄の荒らし行為対策に取り組んだ。

The Simpsons/YouTube

ニュースサイトでは、読者が記事の見出しだけを見て、コメント欄に「怒りのコメント」を書き込むことがある。そうした場合、記事の趣旨は見過ごされてしまう。

ノルウェー放送協会(NRK)の技術部門NRKbetaは、この問題に対処する画期的な方策を考え出した。読者がコメント欄に書き込む前に、記事の内容に関するクイズを出すようにしたのだ。ニュースサイトNiemanLabが伝えた

たとえば、Facebookで共有されている公開情報をユーザーが検索できるようにする「Stalkscan」というツールに関する記事では、以下のクイズが出題された。

  • Stalkscanは危険でしょうか? (答:いいえ)
  • Facebookが公開情報の検索を開始したのはいつ? (答:2013年)
  • Stalkscanを開発したのは誰ですか? (答:Inti They Ceukelaire)

58b7f17fca2b01c5008b4807

コメントを書き込むには、クイズに答える必要がある。

NRKbeta

NRKbetaのジャーナリスト、ストーレ・グラット(Ståle Grut)氏は「クイズで記事の理解が深まれば、より建設的な議論ができる」と語った。サイトの編集者マリウス・アーネセン(Marius Arnesen)氏は、「クイズに答える時間には、興奮した読者をいったん落ち着かせる効果がある」と述べた。

コメント欄を設置していないサイトも多い。コメント欄をFacebookに設置し、匿名で書き込めないようにしているサイトもある。NiemanLabによると、グーグルの親会社Alphabetはニューヨーク・タイムズ、ガーディアン、エコノミストなどのメディアと提携して、「有害な」コメントを除外するためのAIツールを開発している

コメント欄の荒らし行為をなくすことは難しい。しかし、NRKbetaの斬新な試みは有望かもしれない。

source:The Simpsons/YouTube、NRKbeta

[原文:A news site is making readers take a quiz about its articles before they start ranting in the comment section

(翻訳:小池祐里佳)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい