「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」発売:東京・渋谷の外国人客に見る海外市場の熱狂ぶり

_MG_0223

東京・渋谷の家電量販店でNintendo Switchを購入した男性。

中西亮介

任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」(2万9980円・税抜)が3月3日に発売された。東京・渋谷の家電量販店でNintendo Switchを買い求める客たちの声を聞くと、国内以上に海外での新型ゲーム機への期待が高いことがうかがえる。

「興奮するよ。任天堂はうまくやっていると思う」と話すのは、日本を旅行中のニュージーランドの男性(28)。その近くで店頭に並んでいたポルトガル人の男性(31)は、「最近忙しくてゲームができていなかったが、Nintendo Switchの発売を知って、またゲームをしたいと感じた。とてもわくわくするね」と笑顔で答えた。

任天堂の売上の7割を占める海外市場では、現地メディアのNintendo Switchに対する報道が販売前から過熱した。「2017年初の使ってみるべきガジェット」とニューヨーク・タイムズは製品のレビュー記事を掲載。その中で「ブラスト(爆風並みの衝撃)」と評価した。経済紙のウォール・ストリート・ジャーナルが「エレガント」と評すれば、Business Insiderは同ゲーム機の詳細を解説した。アメリカ大陸は、同社の売上の4割を占める最大の市場だ。

7年連続して売上が減少した任天堂は「Wii U」の販売数の落ち込みをNintendo Switchで巻き返したいところ。同社の売上高は、2008年度の1兆8400億円から2015年度には5050億円まで下落。2016年度4月〜12月期決算によると、売上高は3111億円で前年同期比27%減少し、営業利益は38%下がり263億円となった。

海外とは対照的に、日本では冷めた見方がされている。「Nintendo Switchは、1月の製品発表の時点で市場に期待感が湧かず、失望がコンセンサスとなっていた。市場関係者は発売への期待もしておらず、株価も発表から2万3000円台で低迷していた」と、フィスコのアナリストで情報配信部長の村瀬智一氏は分析する。「発表後の出荷台数やタイトルの拡充などで、市場が任天堂を再評価する可能性はある」とした上で「出足が重要だ。よく見極める必要がある」と指摘した。

別の量販店の前では、オーストラリアから訪れていた23〜35歳の3人組が、「Nintendo Switchはマルチプレイ(複数人で同時に同じゲームをプレイすること)ができるから楽しめそうだね。友だちたちと一緒に盛り上がりたい」と話した。3人組は、スノーボード旅行へ行く前に渋谷の量販店に立ち寄ったという。

子どもの頃から任天堂のゲームが好きで、今回並んでまでNintendo Switchを購入した男性(34)は、「これから仕事だが、すぐ開封したい」としながらも「ソフトが面白いかどうか心配」と付け加えた。息子の誕生日プレゼントとして購入した男性(41)は「日本では純粋に楽しめるゲームが減っている。せめて任天堂には頑張ってほしい」と話した。

2016年4月〜12月期、Wii Uの販売台数は前年同期比75%減の76万台。ソフトウェアの販売本数は前年同期比45%減の1248万本だった。Wii Uは2012年に発売が開始され、2016年12月末までに累計で1356万台を売り上げた。現在は生産を終了している。

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい