九谷焼の染め付け —— 日本の伝統工芸の美しさ

日本の九谷焼窯元、上出長右衛門が作る、精巧な伝統工芸品をご紹介します。本焼き後、青色に変わる酸化コバルトという液体を用いて、美しい模様を描き入れています。最も精巧な作品で、その価格は約150万円。上出長右衛門の作品をFacebookとInstagramでチェックしてみてはいかがでしょうか。

(翻訳・編集:今西翼、佐藤茂)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み