アップル、次期iPhoneは充電スピードがアップ

apples-next-iphone-could-charge-faster-than-before

iPhone8にはproモデルが加わると噂されている。

YouTube/ConceptsiPhone

最新のアナリストレポートによると、9月発売予定のアップルの次期iPhoneは、充電時間が短縮されそうだ。

アップル製品の「預言者」として知られる台湾系KGI証券アナリスト、ミンチー・クオ(Ming-Chi Kuo)氏の取材メモによると、アップルは 「Type-C Power Delivery(PD)」規格に準拠したポートと、短時間での充電を可能にする「L字型」バッテリーパックを採用するという。

ウォール・ストリート・ジャーナルは最近、次期iPhoneがUSB-Cに対応する可能性があると報じていた。

これに対してクオ氏は、アクセサリ業界からのライセンス料を得られるよう、次期iPhoneもライトニング(Lightning) ポートがベースになると予測。ライトニングポートがUSB-Cコネクタより小さいことも、理由という。

アップルは、今年の秋に3タイプの次期iPhoneを発売すると期待されている。iPhone 7とiPhone 7 Plusの後継機に加え、よりハイエンドで高機能スクリーンを備えた1000ドル(約11万3000円)の「pro」モデルが発売されるとの噂だ。

現在までに以下のことが明らかになっている:

  • すべての新作iPhoneはワイヤレス充電。
  • iPhone 8の最上級モデルにはステンレススチール素材のフレームを採用するかもしれない。背面はガラス製。
  • ホームボタンと指紋センサーは、ハイエンドモデルのEdge to Edge(端から端)スタイルディスプレイに備え付けられている。
  • iPhone 7 Plus同様ダブルレンズカメラを搭載。
  • 新たな3Dセンシング技術によって、「顔・ハンドジェスチャ認識」を導入。
  • 発売日は今秋。これまで通り、9月の可能性が高い。

[原文:Apple's next iPhone could charge faster than before (AAPL)

(翻訳:梅本了平)

関連記事

Recommended

Sponsored

From the Web