スポティファイ、収益化に苦戦するも「Apple Music」に優位を保つ

3月2日(現地時間)は音楽ストリーミングサービス、スポティファイ(Spotify)にとって重要な節目となった。同社はTwitterで有料会員数が5000万人を突破したと発表した。

創業以来最短の期間で有料会員が1000万人増加したことも、同社にとって素晴らしいニュースとなった。競合するアップルの「Apple Music」がこの2年間、同社に照準を合わせて追撃していることを考えるとなおさらだ。

調査会社Statistaのチャートを見ると良くわかる。「Apple Music」がiPhoneユーザーを中心に急成長を見せているのに対し、スポティファイも同程度の伸びを示した。昨年12月時点で、「Apple Music」の有料会員数は2000万人だった

スポティファイは、ストリーミングサービスに乗り換える人たちをうまく取り込んでいるようだ。だが収益化には苦戦している。同社は近い将来、赤字から脱却できるかもしれない。アップルは、当面、サービスの収益化に頭を悩ますことはないだろうが

spotify-isnt-turning-a-profit-but-its-still-keeping-apple-music-at-arms-length

Statista

source:Statista

[原文:Spotify isn't turning a profit, but it’s still keeping Apple Music at arm’s length

(翻訳:Wizr)

関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Recommended

Sponsored

From the Web