保守系右派メディア、共和党のオバマケア代替案に反発

conservative-media-outlets-are-turning-against-the-republican-obamacare-replacement-plan

オバマケアが完全に廃止されず、一部が残っていることに非難が集まった。

REUTERS/Kevin Lamarque

トランプ大統領と共和党が発表した「オバマケア」の代替案に対して、民主党のみならず、共和党内からも激しい反発が起きている

そして、代替案の発表から1日も経たないうちに、多くの保守系右派メディアも反対、あるいはあまり歓迎しない態度を示した。彼らは、政府予算の削減が十分ではない点、(オバマケアが完全に廃止されず)税額控除など一部が残っている点を非難している。

7日火曜日午後、右派メディア「ブライトバート」(Breitbart)は「オバマケアの代替案は、不法滞在の外国人が偽IDで医療保険を受けられるものだ」と批判記事を掲載した。

ブライトバートは代替案を強く非難している。

ラジオ番組のパーソナリティーやTwitterで人気のある保守系右派の有名人も、次々と共和党の弱腰を責め立てて法案を非難している。

なぜ、共和党はいつも跳ぶのを怖がり、民主党と戦おうとしないのか? 目先のことばかり。

代替案はオバマケアとほとんど同じ。中間選挙では反アメリカ的な共和党議員を打ち負かさなくては。愛国者だけでいい!

直接の批判を避けたトランプ大統領支持派の人たちもいた。

FOXニュースのキャスター、ショーン・ハニティ(Sean Hannity)氏は自身のラジオ番組で、共和党が「打開策を打ち出す」ことが「内戦」を避ける道だとコメントした。

ハニティ氏は「もっと練られたものだったら良かった」と述べ、共和党内での話し合いの場を早急に設けることを勧めた。また、「理解できないのは、自分たちが批判してきたことを代替案に残していること。下院の幹部はわざとやったのだろうか?」と続けた。

保守系右派の大手メディアが沈黙しているのも、彼らが代替案に満足していないことの現れだ。

右派層に大きな影響力を持つニュースサイトの「ドラッジ・レポート」(The Drudge Report)は、代替案をほとんど無視し、CIAのハッキングを暴露したウィキリークスの文書を大きく取り上げた。そして、代替案に反対している保守系右派のベストセラー作家アン・コールター(Ann Coulter )氏を持ち上げる記事を載せている。

しかし、彼らはまだトランプ大統領本人を批判していない。

ブライトバートは大統領が代替案への支持を表明したことには触れず、「共和党議員の一部」が支持しているとだけ書いた。

ハニティ氏も大統領批判は避け、共和党下院議員団が右派の懸念に適切に対応しなかったことに焦点を当てた。

[原文:Conservative media outlets are turning against the Republican Obamacare replacement plan

(翻訳:十河亜矢子)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい