フォルクスワーゲン初の自動運転コンセプトカーは、ハンドルなしの「走るラウンジ」

58bf3a3c6e200469108b46a4

「セドリック」はレベル5の自動運転車。ドライバーが完全にいない状態で走行可能。

Volkswagen Group

フォルクスワーゲングループは「自動車」ではなく「ロボットアシスタント」と呼ぶ方が似合いそうなコンセプトカーを発表した。

「セドリック(Sedric)」と名付けられたこの車は、フォルクスワーゲン、アウディ、ランボルギーニからなるフォルクスワーゲングループ初の自動運転車のコンセプトカー。同グループによると、レベル5の自動運転車で、ドライバーが完全にいない状態で走行可能。人間によるコントロールは不要だ。

箱型の形状に黒いスライドドアの同車は、デザイン面ではアピール性が高いとは言えないが、フロントガラスは巨大な有機EL(OLED)の目で飾られている。

自動車というより、ずんぐりしたロボットのような外見は、同グループのコンセプトを反映したものだろう。

セドリックは自宅に設置したボタンを使って、離れた場所から呼び出すこともできる。同グループはセドリックを、自動で駐車場を見つけ出すことができ、子どもの送り迎えや荷物を取りに行ったりできる、シェアードモービリティサービスと呼んでいる。

58bf3a576e2004d0058b47ca

ハンドルやペダルはなく、まるで「タイヤがついた快適なラウンジ」

Volkswagen Group

またルートや交通状況、到着までの時間を音声で知らせてくれる機能もある。ハンドルやペダルはなく、まるで「タイヤがついた快適なラウンジ」。空気清浄効果のある植物までついているので、まさに快適なラウンジそのものだ。

この車が、今後コンセプトレベルからどう進化していくのか現時点では不明。しかしフォルクスワーゲングループは「ドライバーが不要な、完全自動運転車を実現するためのプラットフォームとなる」と述べた。

source:Volkswagen Group

[原文:Volkswagen's latest concept car is a self-driving, robot assistant

(翻訳:まいるす・ゑびす)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい