ドラッグが体内から完全に抜けるまでの時間を「ドラッグの種類別」にまとめてみた。「大麻」はなかなか消えない

ドラッグの効果を感じなくなっても、血液、尿、髪の毛にはその成分はしばらく残る。(ドラッグの)痕跡が体内から完全に消える時間は、(ドラッグの)種類によって異なる。

アルコールからモルヒネまで、様々なドラッグが体内から完全に抜けるまでの所要時間を、以下の表にまとめてみた。

bi-graphicshow long drugs stay in your body

表は左から「ドラッグの種類」「血液から抜ける時間(時間単位)」「尿から抜ける時間(日単位)」「髪の毛から抜ける時間(日単位)。ドラッグの種類は上から順にLSD、アルコール、アンフェタミン(覚醒剤の一種)、バルビツール酸塩(睡眠薬の一種)、コカイン、大麻、ヘロイン、MDMA(「エクタシー」の主要成分)、メタンフェタミン(覚醒剤の一種)、モルヒネ。

[原文:Here's how long various drugs stay in your body]

(翻訳者:にこぱん)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中