ディズニーが年間の世界興行収入70億ドル(約7700億円)を達成

finding-dory

『ファインディング・ドリー』

Pixar

ディズニーが年間の世界興行収入の業界記録を達成した。


ディズニーは12月19日に公開したプレスリリースで、2016年の世界累計興行収入が70億ドル(約7700億円)に達したと発表した。映画スタジオがこれほどの数字を達成するのは初めてだ。


この画期的な出来事は、超大作や健闘を記録した映画作品が公開された2016年のさなかに起きた。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は12月中旬の週末に、世界的な大ヒットを記録(そして年明けまで興行収入ランキングを独占しそうだ)。『ファインディング・ドリー』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の2作も10億ドル(約1100億円)以上の世界興行収益を出しており、10億ドル弱の『ジャングル・ブック』、10億ドル強の『ズートピア』もディズニーが予想していた以上の収益を上げた。


これにより『ジュラシック・ワールド』と『ワイルド・スピード SKY MISSION』『ミニオンズ』のヒットで68億9000万ドル(約7580億円)だった昨年のユニバーサルの新記録を塗り替えた。


[原文:Disney just became the first movie studio to earn $7 billion at the global box office in a single year (DIS)

(翻訳:小池祐里佳)



関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Recommended

Sponsored

From the Web