ジョー・バイデン前副大統領がSXSWに登壇「癌克服のカギを握っているのはトランプ政権」

undefined

サウス・バイ・サウスウェスト(SXSW)で講演するジョー・バイデン前副大統領。

テキサス州オースティン発 ―― ジョー・バイデン前副大統領は1月にホワイトハウスを去ったが、これまでの主張を変える気配はないようだ。

バイデン氏は日曜日、テキサス州オースティンで開催中のサウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)に登壇し、ガン撲滅イニシアティブ(The Cancer Initiative)について語った。これはホワイトハウス主導で発足した癌撲滅のタスクフォースが始めた取り組みの延長線上にあるものだ。

イニシアティブは、癌研究の助成、癌の発見およびより様々な治療法の提供によって癌を撲滅することを目標に1月に結成された。今後数年間で20億ドル(約2300億円)近い補助金が政府から与えられる。

バイデン夫妻は、会場からスタンディングオベーションで迎えられた。夫妻は現在、バイデン財団を運営し、これまで政治家として取り組んできた癌研究、軍人家族の支援、コミュニティ・カレッジへの進学支援、女性への暴力撤廃といった課題を解決するための活動を行っている。

バイデン氏は、イニシアティブのための募金活動を行っている最中だが、日曜日の講演では「民間からの寄付も重要だが、政府の援助はさらに重要だ」と語った。

「研究には何十億ドルもの予算が必要です。つまり、癌克服には、ここにいる皆さんの多くが嫌う現政権からの後押しが不可欠なのです」

そのためにバイデン氏はトランプ政権と協力しながら、癌との戦いを継続すると述べた。

「わたしはうまくやれると信じています。実現できると信じています。新政権が落ち着きを取り戻したら、癌撲滅に同じ熱意を持ってくれると信じています。決して、ふざけて言っているわけではありません。新政権とともにがん克服にあたるため、わたしは持てる力のすべてを使うつもりです」

講演でバイデン氏は、彼がどのような経緯でタスクフォースを率いるようになったかを語った。

バイデン氏は息子のボー(Beau)を最近、癌で亡くした。悲しみと向き合いながらも、それは2016年の大統領選挙への出馬を決断すべき時期でもあった。彼は迷ったが、最終的には出馬しなかった。

2015年10月、彼はローズガーデン(大統領演説などに使われるホワイトハウス内の庭園)で大統領選への不出馬を表明する記者会見を開いた。同席していたオバマ大統領とともに退席した時、バイデン氏は率直な気持ちを口にした。

「不出馬を決断して後悔していることが1つだけある。癌撲滅に成功した大統領として、任期を務めてみたかった」

2016年1月、オバマ大統領(当時)は最後の一般教書演説を行い、そこでバイデン氏が癌撲滅のタスクフォースを率いると表明した。バイデン氏にとっては驚きだった。

政府が癌との戦いに注力するのはこれが初めてではない。よく知られているのはニクソン政権下の1971年だが、バイデン氏はさらに「圧倒的な危機感を注入」することによって、癌撲滅に向けて新たな道が開けると考えていた。

タスクフォースを始動するにあたり、バイデン氏は関係する政府機関をすべて招集した。直接的に関与していない機関までも集められた。そして彼らにタスクフォースを実行に移すための人材を確保するよう命じた。役人たちは9カ月かかると言ったがバイデン氏は「1週間でできなければクビだ」と応じた。

「なかなかうまく行ったよ」とバイデン氏は語った。

Biden was introduced by his wife, Jill Biden, before speaking at South by Southwest on Sunday.

講演では妻のジル・バイデン氏が彼を壇上に迎えた。

イニシアティブは、20の政府機関や部門との協力関係と、70以上の民間機関とのパートナーシップを生んだ。

製薬会社に対して、違う会社の薬を組み合わせて投与した時の効果や、組み合わせて処方された場合の収益の配分方法について研究するようにしたことは、バイデン氏の大きな成果だ。

さらにバイデン氏は「21st Century Cures Act」という超党派法案の成立に尽力した。予算は63億ドル(約7200億円)で、そのうち18億ドル(約2100億円)の助成金がイニシアティブが定めた優先事項に配分される。

上院院内総務(実質的な上院議長)ミッチ・マコーネル氏が、癌研究プロジェクトを「ボー・バイデン・イニシアティブ」と改名する案を取りまとめたこともバイデン氏にとってはうれしい驚きだった。

世界中の研究者が癌関連の医療データを共有するための合意を取りつけたバイデン氏は、その後、アマゾンからデータ保存のためにクラウドストレージを無償で提供するという予想外の申し出を受けた。

データはすでに世界中の研究者から、8000万回アクセスされている。「アマゾンと癌撲滅は、無関係だと思っていただろう? わたしはそこに新たな希望を感じる」とバイデン氏は語った。

[原文:Former Vice President Joe Biden at SXSW 2017: 'Your government' is how curing cancer 'gets done'

(翻訳:太田禎一)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい