スターバックス、接客スピード改善のための対策案を発表

588b6553475752ed018b4e02

モバイルオーダーの増加が、店舗でのサービス低下を招いてしまった。

Stephen Brashear / Stringer / Getty Images

スターバックスには、スマートフォンからの注文(モバイルオーダー)が殺到している。そのため店舗での接客時間が長くなり、顧客離れを招いている。

同社の経営陣は、先週UBSが開催したカンファレンスで、この問題の解決策を明らかにした。

UBSの外食業界アナリスト、デニス・ガイガー(Dennis Geiger)氏は「短期的には店舗の従業員数を増やすことが必要」とカンファレンスの後に記者からの質問に答えた。

スターバックスはさらに、受け渡しカウンター付近のスペースを拡大するため、売り場のレイアウトを変更する計画だ。

ガイガー氏によると、長期的な対策案として、同社は店舗の大幅な改装を検討している。具体的には、店舗で注文した商品を受け取る列と、オンラインでの注文を受け取る列を分け、それぞれ専用のスペースを確保する。それに伴い、マグカップなどのオリジナル商品は、店舗ではなくオンラインでの販売を検討している。

58c2e2a2402a6b3b748b4cdf

店舗での注文とモバイルオーダーの商品を区別するため、カウンターにテープを貼った。

Business Insider/Hayley Peterson

これらの長期的な対策は、1〜2年のうちに実行される見通しだ。

同社は1月、接客時間が伸びていることを発表した。同一店舗での来客数は、直前の四半期から2%減少していた。

同社CEOのハワード・シュルツ(Howard Schultz)氏は、来客数の減少は、スマートフォンからの注文が増加し、店舗でのサービスが行き届かなくなったことが原因だと述べた。

1月、CNBCの番組で同氏は次のように語った。

「我々はサービス低下の問題に直面しており、顧客に不安を与えてしまっている。しかし、この問題はそれほど時間をかけずに解決できる。すでに対処を始めてから30日になる。次の四半期には、皆さまが期待してくださっていたような、もとの状態に戻すつもりだ」

[原文:Starbucks revealed how it plans to fix its crisis of long lines in stores (SBUX)

(翻訳者:にこぱん)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい