納税申告書スクープの人気番組アンカー、レイチェル・マドウの信念

GettyImages-141314500

レイチェル・マドウ氏

Brendan Hoffman/Getty

「速報:トランプ氏の納税申告書を入手。今夜9時MSNBC (本物です)」

ニュース専門局MSNBCの人気アンカー、レイチェル・マドウ(43)が3月14日夕、ツイートした。

「ポップコーンを用意しよう」「レイチェルへ(シャンペンの写真)」「待たせるな、ブツを早くだせえ!」

と興奮のリツイートが集まった。

彼女は、午後9時帯の「レイチェル・マドウ・ショウ」のアンカーで超リベラルな同性愛者でもある。興奮が高まったのは、富豪ドナルド・トランプ氏が税金を納めているかどうかが、選挙戦中から、有権者の関心の的だったからだ。

ところが、トランプ氏は納税申告書を一切公表せず、大統領に就任した。過去の大統領候補者はみな公表しており、ヒラリー・クリントン民主党候補は、1970年代からの申告を全て公表。選挙集会では毎回、「彼が強制送還すると言っているミドルクラスの移民だって、税金を納めている! トランプ氏が納税額を公表しないのは、何か隠したいことがあるのかもしれない」 とまで、批判した。

午後9時過ぎ、マドウはとうとう、トランプ氏の2005年度連邦納税申告書のコピー2枚の内容を伝えた。注目の所得は1億5000万ドル(約171億円)。納税額は3800万ドル(約43億円)に上った。

コピーは、トランプ大統領の伝記を書いたジャーナリストのデイビッド・ケイ・ジョンストン宅の郵便箱に届いたもので、匿名の誰かによる「告発」だ。ジョンストン氏は過去に税制の抜け穴を報じて、ピューリッツァー賞を受賞している。

申告書によると、トランプ氏と妻のメラニア氏は2005年度に巨額の税金を納めた。ホワイトハウスも番組放送中、コピーが本物であることを認めた。しかし、問題はほかにある。

マドウは、たたみかける。

「4月15日の今年の納税期限までに公表しなければ、ニクソン元大統領以来、納税を公表しない初の大統領になる」「選挙戦中、監査が入っているため、公表しないとしていたが、過去の大統領は監査中でも公表していた」「1億5000万ドルもの収入が一体どこから得られたのか」

20分間の冒頭のモノローグ

マドウがアンカーを務める番組「レイチェル・マドウ・ショー」は、トランプ氏の勝利で低調かと思いきや、過去9年間で最高の視聴者数を得ている。3月6日の週の平均視聴者数は262万人で、長くプライムタイムのトップである保守系のFOXニュースに肉迫している。3月8日には25〜54歳の層で同じ時間帯(午後9時)のトップに位置していたFOXの視聴者数をしのぎ、MSNBCとしての長年の夢がかなった。

番組の人気の秘密はどこにあるのか。

それは、彼女が作り出した独自の報道スタイルにある。

マドウは、20分間におよぶ冒頭の「モノローグ」で、ロシアがトランプ氏を大統領にするために、米大統領選挙に干渉した可能性を取り上げることが多い。また、ロシアが、金融やマネーロンダリングなどで世界中に影響力をおよぼしている実態にも触れる。全て過去の報道などに基づいたもので、記事や登場人物の映像が次々に表れる。まるで、長文記事をビジュアルに見ているような感覚になる。ロシアとトランプ氏との間にある「疑惑」について、あらゆる可能性を視聴者に教育しているようである。

テレビ業界のニュースサイト『The Wrap』によると、番組関係者の間では、トランプ・ホワイトハウスについて、「無声映画」を見ているかのように報じることを、「マントラ(*1)」にしている、という。マドウはこう話している。

「(トランプ大統領の)Twitterについて報道するのをやめました。(彼の)発言よりも、ホワイトハウスが実際に行っていることだけを伝えています。それによって、日々何を発信するのかを考え、視聴者に実質的なことだけを伝えることができます。ホワイトハウスの人々の発言に歪曲されることなくです」

番組の視聴率はトランプ氏の勝利の後、落ち込んだ。しかし、視聴者は徐々に戻ってきた。異常な状況であるからこそ、実態を把握しようという人が増え、ライバルのFOXニュース、CNNの視聴者も政権発足後、増えている。

マドウはニューヨーク・タイムズにこう明かす。

「市民の間での関心や没頭の度合いが急上昇しています。それは、自発的、有機的で、幅広く、エネルギーもあり、建設的な力のように感じています。そして、それがあちこちで起きているので、興味深いのです」

マドウが納税申告書をスクープした途端、トランプ支持者と見られるTwitter利用者からは、批判が集まった。

「トランプ氏が納税していることは証明された」「マドウ、最悪の日」

GettyImages-113257835

David Becker/Getty

納税申告書をマドウに持ち込んだジョンストン氏は、トランプ支持者から彼の家族にまで嫌がらせの電話やメールが殺到しているとツイートした。

トランプ大統領も翌朝、つぶやいた。

「聞いたこともない記者が、郵便ポストに行って、私の納税申告書を見つけたなんて、誰が信じるのか。NBC、フェイク・ニュースだ!」

ジョンストンがこれに反応。

「ああ、ドナルド、君のホワイトハウスが認めたんだよ。大統領がフェイク・ツイート。嘆かわしい!」

しかし、マドウの番組を続けて見ている視聴者は、納税申告書のスクープの意味を知っている。彼女たちが追いかけているもの、つまり、「ホワイトハウスにある、何かもやもやとしたもの」のごく一部が明らかになった。全てが明らかになるまで道のりは遠いが、マドウの報道スタイルがあったからこそ、実現したことだ。

(*1:マントラ - サンスクリットで「文字」や「言葉」を意味するが、「呪文」「文句」「主張」という意味でも使われる)

関連記事