仕事と両立できるアメリカのMBAトップ10

MBA

「無収入になって、2年間仕事から離れてまでMBAを取得する価値はあるのか」

Haas Facebook

学業に興味のあるビジネスマンは、「無収入になって、2年間仕事から離れてまでMBAを取得する価値はあるのか」という悩みにしばしば直面する。 仕事を辞めたくない人には、パートタイムMBAという選択肢がある。

パートタイムMBAは、学位取得までに通常3年かかるが、夜間や週末に講義を受講できるので、仕事と両立しやすい。

USニューズ&ワールド・レポート(US News&World Report)は、パートタイムMBAの年間ランキングを発表した。1位に輝いたのはカリフォルニア大学バークレー校(University of California-Berkeley)のハース・ビジネススクール(Haas School of Business)だった。

ハースのパートタイムMBAの合格率は47.4%。MBA生の平均GMATスコアは694だ。

USニューズは、GMATスコアや勤務年数、職歴など5つの要因に基づいてプログラムのランク付けを行っている。

アメリカのパートタイムMBAスクール、トップ10は以下のとおり。

  1. テキサス大学オースティン校 マコームズ・スクール・オブ・ビジネス(University of Texas-Austin-McCombs)
  2. オハイオ州立大学フィッシャー・ビジネススクール(Ohio State University-Fisher)
  3. バージニア工科大学パンプリン・ビジネススクール(Virginia Tech-Pamplin)
  4. テンプル大学フォックスビジネススクール(Temple University-Fox)
  5. ミシガン大学ロス・スクール・オブ・ビジネス(University of Michigan-Ann Arbor-Ross)
  6. ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院(Northwestern University-Kellogg)
  7. カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA) アンダーソン・スクール・オブ・マネジメント(University of California-Los Angeles-Anderson)
  8. ニューヨーク大学スターン・スクール・オブ・ビジネス(New York University-Stern)
  9. シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネス(University of Chicago-Booth)
  10. カリフォルニア大学バークレー校 ハース・ビジネススクール(University of California-Berkeley-Haas)

[原文:The 10 best MBA programs you can finish while keeping your day job

(翻訳:梅本了平)

関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Recommended

Sponsored

From the Web