iPhoneの「未来予想図」ブダペスト在住のデザイナーが大胆に設計

次期iPhoneイメージ

Gabor Balogh

アップルは今年の秋、次期iPhoneを発表すると予測されている。2017年は、スティーブ・ジョブズがiPhoneを世に送り出してから10周年の節目でもあり、「iPhone 8」への期待をより大きくさせている。

iPhone8(もしくはiPhoneエディションかiPhone X)の新機能についてはさまざまな噂が飛び交っているが、 スマートフォン業界の今後のイノベーションの中心はAR(拡張現実)だとの見方が多く、アップルも現在、スマホにAR機能を搭載するため、何百人もの人材を投入していると伝えられている。

次期iPhoneの発売まで半年あるが、デザイナーたちはまだ見ぬ新製品に対してイメージを膨らませ、公開している。

ブダペスト在住のプロダクト・デザイナー、ガボール・バログ(Gabor Balogh)の「製品コンセプト」が特に興味深いので、こちらで紹介する。


バログのiPhone 8のコンセプトは、多くのアナリストが2017年に登場すると予測している美しいエッジ・トゥ・エッジのディスプレイを特徴としている。

iPhone 8

Gabor Balogh

iPhone 7と同じディスプレイ面積ではあるが、このエッジ・トゥ・エッジはデバイスをより大きく見せる。バログのコンセプトには、携帯電話のカメラが捉えた景色に基づいて変化する「動く背景」の機能もある。


位置情報の質問に答えたり会話を進める中で、SiriがAR技術をどう活用するかについて、バログはこのように予想した。

iPhone 8

Gabor Balogh

Siriに話しかけると動く背景が起動し、周囲のランドマークや場所を認識して必要な情報を伝えやすくする。


ARが本当に便利なのは、アップルやグーグル・マップでの複雑なナビの指示を分かりやすくしてくれる時だ。

iPhone 8

Gabor Balogh

ARがカメラを利用して、目的地へのルートを青い誘導ラインで示す。


エッジ・トゥ・エッジのディスプレイによって唯一悪化してしまう問題に、iPhone画面の上部にあるアプリのアイコンがタップしにくくなることがある。バログのiPhone 8のコンセプトは、アプリをホームボタン側に寄せることで問題を解決する

iPhone 7とiPhone X Concept

Gabor Balogh


バログはARを用いたヘルスケアアプリを使う未来も描いた。カメラを対象人物に向ければ、Siriが彼らの体調を教えてくれる

iPhone 8

Gabor Balogh

これらは単なる希望にすぎないが、コンセプトというのは常に希望を伴うものだ。


これらのコンセプトは、私たちがiPhoneの未来について想像するきっかけを与えてくれる。

ティム・クックCEO

アップルのティム・クックCEO

REUTERS / Stephen Lam

新製品発表までの間、数え切れないほどの噂が出るだろう。それらがどれほど真実に近いかは、その時が来ないと分からないが、アップルが人々の声に注意を払ってくれることを願っている。

[原文:This iPhone 8 concept design is the best we've seen yet — check it out

(翻訳:小池祐里佳)

関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Recommended

Sponsored

From the Web