「アンドロイドの父」、開発中の新スマートフォンについてツイート

手に握られたスマホ

Sean Gallup/Getty Images

Android OSを開発し、グーグルに売却したアンディ・ルービン(Andy Rubin)氏が、密かに興したスタートアップ企業で開発中の新型スマートフォンについて、3月27日月曜日、Twitterに投稿した。

だんだん形になってきていて、とてもエキサイトしている。より多くの人にぜひ、手にしてほしい……。

2014年にグーグルを離れたルービン氏は現在、スタートアップ企業エッセンシャル(Essential)のCEOに就いている。関係者によると、同社はiPhoneやサムスンのGalaxyと競合することになるハイエンド・スマートフォンを開発中だという。発売時期は今春か今夏となる見込み。

エッセンシャルはまた、アップルやマジックリープ( Magic Leap) 、サムスン、HTCなどから、業界で名の知られた幹部たちを集めている。さらに同社は今後、大規模な資金調達を発表する見込みだが、先頃、ウォール・ストリート・ジャーナルは、ソフトバンクが同社に対する1億ドル(約110億円)の投資を見送ったと伝えた。

[原文:The guy who started Android just teased the new phone he's building

(翻訳: Tomoko A.)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい