ヘッジファンドのオアシス、パナホーム株を買い増す —— パナソニックによる完全子会社化に異論

大阪にあるパナホーム本社

Wikicommons

香港を拠点とするヘッジファンドのオアシス・マネジメントが、パナホームの株式を買い増し、その保有割合が6.05%から7.37%に増加した。28日に提出された大量保有報告書で明らかになった。

これを受け、パナホームの株価は前日に比べて3.5%伸ばして、1017円で取引を終了した。

親会社のパナソニックは今年8月1日付でパナホームを完全子会社化する計画だが、2番目に多く株式を保有するオアシス・マネジメントは「パナソニックはパナホーム株を過小評価している。これは少数株主の権利を侵害するものだ」として、株式の交換比率の見直しを求めている。

オアシスは、その主張の内容を投資家に周知させる目的で、ウェブサイトを開設している。

関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Recommended

Sponsored

From the Web