アマゾンが中東市場に進出、2億人のマーケット開拓に意欲

アマゾンCEO ジェフ・ベゾス氏

アマゾンにとって今回の買収は2億人以上の人口を抱える中東進出の第一歩となる。

David McNew/Getty Images

アマゾンは28日(現地時間)、UAEのドバイを拠点とするオンライン小売業の「Souq.com」を買収することで合意したと発表した

アマゾンにとって今回の買収は2億人以上の人口を抱える中東進出の第一歩となる。

買収額は明らかにされていないが、「Souq.com」の直近の評価額は約10億ドル(約1112億円)となっている

今回の買収については、先週から複数のメディアが報じていた。TechCrunchは関係者の情報として、買収額を6億5000万ドルと報道していた

アマゾンは年内の買収完了を目指している。

同社のインターナショナル・コンシューマー・ビジネス担当の幹部であるラス・グランディネッティ(Russ Grandinetti)氏は、「アマゾンと『Souq.com』のDNAは似通っている。両社とも顧客、発明、長期的思考を(ビジネスの)原動力としている」とコメント。さらに「『Souq.com』は顧客に最高のショッピング体験を提供する中東のeコマースのパイオニアだ。アマゾンの技術力や国際的なリソースを生かして、互いに学び合い、サポートし合いたい。中東の数百万の顧客に対して、最良のサービスを提供すべく、共に汗を流していく」と述べた。

「Souq.com」の共同創業者でCEOを務めるシリア生まれの起業家、ロナルド・ムチャワー(Ronaldo Mouchawar)氏は、「アマゾングループの一員となることで、我々は配達の能力などを伸ばすことができるし、アマゾンの売り上げ拡大にも貢献していく」と話す。

CNBCによると、「Souq.com」はアラブ世界最大のオンライン小売プラットフォームだ。

[原文:Amazon has acquired a Middle Eastern retailer that was once valued at $1 billion (AMZN, NPN)

(翻訳:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい