世界有数のヘッジファンド「Bridgewater Associates」、ポピュリズムに対する懸念を表明

レイ・ダリオ氏

「ポピュリズムが世界的に最重要課題になったのは今年が初めてだ」(Bridgewater Associates 創業者兼会長のレイ・ダリオ氏)

Astrid Stawiarz/Getty Images for LinkedIn

世界有数のヘッジファンド「Bridgewater Associates」は3月22日、今、世界中で大きな争点となっているポピュリズムに関する61ページにわたるレポートを発表した。

「ポピュリズムは近年急激に高まっている。1930年代後半と同じくらいの高まりを見せている」と創業者兼会長のレイ・ダリオ(Ray Dalio)氏らはレポートで述べた。

同氏らはポピュリズムの動向は、第2次世界大戦の勃発前のように「極端なものではない」としている。しかし今年1月、スイスのダボスで行われた世界経済フォーラムで、同氏はポピュラリズムが過激な思想に変化することを恐れていると語った。

「ポピュリズムが世界的に最重要課題になったのは今年が初めてだ」

レポートでは、アメリカ、ヨーロッパ、ロシア、日本、南アメリカにおけるポピュリズムの動向やその指導者たちの歴史を分析している。

ダリオ氏は、レポートへのリンクを掲載したLinkedInの投稿で以下のように書いた。

ポピュリズムは今後1年間の経済政策を左右する大きな要因になるだろう。実際、ポピュリズムが経済に及ぼす影響は、金融政策や財政政策よりも大きくなるだろう。

変動する国際関係においても無視できない動きになる。どれほど影響を及ぼすかは現時点では断言できない。現在、公職に就いているポピュリストの動向と、選挙でどれくらいのポピュリストが選ばれるかによって、今後1年で色々なことが明らかになるだろう。

世界有数のヘッジファンドであるBridghewaterは2016年半ばの時点で1030億ドル(約11兆円)を運用している(HFI Billion Dollar Clubのデータによる)。

ロンドンにあるLCH Investmentsによると、Bridgewaterは創業から累計で500億ドル近くの利益を上げている。昨年の収入が14億ドルだったダリオ氏は最も稼いでいるヘッジファンドマネジャーの1人だ。Bridgewaterの主なファンドであるPure Alphaの2016年の収益率は2.4%でS&P 500の9.5%の伸びを下回った。

Bridgewaterは顧客に毎日レポートを送っている。2016年の大統領選挙当日には、トランプ氏が勝利した場合、世界中の株式市場が暴落すると伝えたことはBusiness Insiderが報じたとおり。株式市場はしかし、記録的な高騰を続けている。

Bridgewaterのレポート(英文)はこちら

[原文:The world's largest hedge fund just published a 61-page paper on populism that says the movement is at its highest level since the eve of WWII

(翻訳:Satoru Sasozaki)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい