ジョブズ最後のプロジェクト、アップル新本社が今月オープン

2017年、アップルの最大の発表は、新しいiPhoneでもiPadでもない。

カリフォルニア州クパティーノに建設中の宇宙船のような新しい本社こそが、最大のニュースだろう。総工費50億ドル(約5700億円)と伝えられ、スティーブ・ジョブズが存命中に直接関与した最後のプロジェクトでもある。

アップル新本社

YouTube/Matthew Roberts

同社は2月、新本社の正式名称を「Apple Park(アップルパーク)」と発表した。4月には稼働を開始する。本社内にはアップルストアと社員以外の人も入れるビジターセンターもオープンする。ただし、社外向けのオープン日は公表されていない。

アップルが3月7日(現地時間)、クパティーノ市議会に提出した報告書には、メインビル、駐車場、ホール、フィットネスセンターがまだ建設中であること、建物への入居は4月から2017年末まで段階的に行われること、第2期工事および付随する建物の建設は2018年に完了することが記載されていた。

以下は、数年にわたりアップルパークを動画撮影しているドローン写真家マシュー・ロバーツ(Matthew Roberts)氏による、アップル本社の最新画像だ。


アップルパークはインターステート(州間接続)ハイウェイ280号沿いにある。騒音対策と部外者の立ち入りを防ぐために軍事規格の頑強なフェンスで囲まれている。

アップル本社外観

YouTube/Matthew Roberts


建物はほぼ完成しているが、ところどころで外構工事がいまだ進行中なのがわかる。

アップル本社外観

Matthew Roberts/YouTube


ソーラーパネルが設置された屋根。

屋根

Matthew Roberts/YouTube


これから設置するパネルが積み上げられている。

工事中のソーラーパネル

Matthew Roberts/YouTube


建物のいくつかは完成し、オフィス機器が設置されている。

窓越しに見た内部

Matthew Roberts/YouTube


ここで、次期iPhoneの発表が行われるのかもしれない。

シアター

YouTube/Matthew Roberts


メインビルの全景

メインビル

Matthew Roberts/YouTube


完成予想図

完成予想図

City of Cupertino


source:YouTube/Matthew Roberts、City of Cupertino

[原文:Apple's $5 billion campus opens next month — here's what it looks like now (AAPL)

(翻訳:太田禎一)

関連記事