宇宙から捉えた、2018年平昌オリンピック会場

ギリシャで採火された聖火

ギリシャで採火された2018年平昌オリンピックの聖火。

Petros Giannakouris/AP

あと1カ月あまりで、2018年冬季オリンピックが韓国・平昌(ピョンチャン)で始まる。

韓国はオリンピックに向けて13の施設を建設、または改修。衛星写真を提供しているデジタルグローブ(DigitalGlobe)は施設の衛星写真を撮影した。

「写真は当社のWorldView-3衛星が12月31日に、WorldView-2衛星が1月2日に撮影した」とデジタルグローブの広報担当者はメールで述べた。

2018年冬季オリンピックの会場を数百マイル上空から見てみよう。

2018年冬季オリンピックは韓国・平昌で開催。

韓国・平昌の位置

Google Earth; Business Insider


13施設は平野部と山岳部に分かれている。室内競技は平野部の江陵(カンヌン)で行われる。

13施設は点在している。一部は江陵市にある。

DigitalGlobe


アイスホッケー、カーリング、フィギュアスケート、スピードスケートの施設。

江陵市には(上から時計回りに)アイスホッケー、カーリング、フィギャースケート、スピードスケートの施設がある。

DigitalGlobe


Kwandong ホッケーセンターの屋根にはソーラーパネル。

Kwandong ホッケーセンターの屋根にはソーラーパネル。

DigitalGlobe


野外競技は平昌で。

他の施設は、平昌マウンテン・クラスターと呼ばれる地域にある。

DigitalGlobe


オリンピックスタジアム。開会式が行われる。

オリンピックスタジアム。開会式が行われる。

DigitalGlobe


選手村。

選手村。

DigitalGlobe


ジャンプ会場。

ジャンプ会場。

DigitalGlobe


バイアスロン、クロスカントリー。

バイアスロン、クロスカントリー

DigitalGlobe


滑降、スーパー大回転、アルペン複合。

アルペンスキーセンター。滑降、スーパー大回転などアルペンスキー競技が行われる。

DigitalGlobe


ボブスレー、リュージュ、スケルトン。

ボブスレー、リュージュ、スケルトンの会場。

DigitalGlobe


フリースタイルスキー、スノーボード。

フリースタイルスキー、スノーボード。

DigitalGlobe


回転、大回転。

回転、大回転。

DigitalGlobe


[原文:See South Korea's 2018 Winter Olympics venues in new photos taken from space

(翻訳/編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい