NASAの木星探査機ジュノーが捉えた、11枚の圧倒的な画像

木星の雲の上を飛ぶ、NASAの木星探査機ジュノー

木星の雲の上を飛ぶ、NASAの木星探査機ジュノー(イラスト)。

NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/Kevin Gill

NASAが10億ドル(約1100億円)を投じ、開発した木星探査機「ジュノー(Juno)」は2017年12月16日(現地時間)、その10度目の高速周回の旅を終えた。

ジュノーは時速最高13万マイル(約21万キロメートル)で旅をしながら木星に接近、搭載された可視光カメラ「JunoCam」で約53日ごとに新たな画像を撮影する。

画像の受信には数日から数週間を要することもあるが、待つだけの価値はある。最新の画像は渦を巻く、幻想的な雲や嵐の姿を捉えている。

NASAやサウスウェスト・リサーチ・インスティテュート (Southwest Research Institute)の研究者たちは12月、彼らのウェブサイトに未加工の画像データをアップした。以来、多くの人々が白黒画像を、カレンダーにもなった、鮮やかなカラー画像に加工してきた。

「最高に美しい。だが、近づきすぎると命を落とす」NASAの画像を定期的に加工しているイギリスのグラフィック・アーティスト、ショーン・ドラン(Sean Doran)氏は、最新画像について、そうツイートした。

ドラン氏やその他のジュノー・ファンたちがJunoCamのデータをもとに作った、最新の画像と動画をいくつか紹介しよう。


NASAがジュノーを打ち上げたのは2011年、木星までは約5年かかった。

木星

NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/Gerald Eichstädt/Seán Doran

ジュノーの周回軌道は木星から遠く離れている。接近するのは、ほんの一瞬だ。こうすることで、電子機器が木星の強い放射線にさらされるのを最小限に抑えている。

木星の南温帯縞

木星の南温帯縞。

NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/Kevin Gill

JunoCamは、53.5日の周期のうち「近木点」を通過するときに、新たな画像を記録する。

木星の南熱帯

木星の南熱帯。

NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/Kevin Gill

ジュノーは、木星の北極と南極、両極の上空を飛んだ唯一の探査機だ。

木星の一極

NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/Gerald Eichstädt/Seán Doran

研究者らは、ジュノーが10度目の近木点で捉えたような、木星の乱雑に渦巻く極雲の構造を解明しようとしている。

木星の渦巻く雲

NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/Gerald Eichstädt/Seán Doran

その数多くの帯状の雲のかたまりは、科学的にも謎だ。

木星の渦巻く雲

NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/Seán Doran

木星の一部の嵐は、地球よりも大きい。

近接画像

NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/Gerald Eichstädt/Seán Doran

JunoCamが捉えた画像のフル・セットがこちら。

ジュノーが10度目の近木点で捉えた画像

NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/Kevin Gill

これらをつなぎ合わせ、タイムラプス動画にしたファンもいる。

出典:NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/SPICE/Gerald Eichstädt

NASAは、ジュノーが少なくともあと2、3年は木星の周回を続け、新たな素晴らしい写真を送ってくれることを期待している。

木星

NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/Gerald Eichstädt

しかし、NASAは最終的に10億ドルのジュノーを破壊するだろう。氷の惑星「エウロパ(Europa)」に誤って衝突するのを防ごうとしているのだ。そこには隠れた海があり、生命体が存在する可能性もある。

エウロパ

NASAの木星探査機「ガリレオ(Galileo)」が1990年代後半に撮影した、木星の衛星エウロパ。

出典:Business Insider (12)

[原文:NASA's $1 billion Jupiter probe has taken mind-bending new photos of the gas giant]

(翻訳:Ito Yasuko/編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい