インスタ好きはナルシスト? ありがちな7つの行動

セルフィーを撮る女性

ナルシストを見つけるのは、難しいことではない。

baranq/Shutterstock

最近の研究によると、ナルシストはインスタグラム(Instagram)で他のナルシストをフォローする傾向がある。

学術誌『Computers in Human Behavior』の2018年4月号に掲載予定の研究によると、わたしたちは一般的に、インスタグラムにセルフィー(自撮り)を投稿する人の方が、他人に撮影してもらった画像を投稿する人に比べ、ナルシスト要素が強いと見ている。だが、特定の種類のナルシストたちは、こうしたセルフィーを投稿する人を好意的に評価する傾向がある。

これは過去数年にわたり、ナルシスト属性の高いインスタグラム・ユーザーを調査してきた科学者が発見した傾向の1つだ。以下、こうしたナルシストなインスタグラム・ユーザーにありがちな行動を7つ紹介しよう。


「大物系」ナルシストは、自身の健康管理や肉体改造の進捗を示す画像を投稿する。

トレーニングする男性

Shutterstock

学術誌『Social Networking』に掲載された2016年の調査は、26歳以下のインスタグラム・ユーザーを対象に、ナルシスト属性を調べるテスト「Five Factor Narcissism Inventory(FFNI)」を行った。

結果、外向的で他人から注目されたい「大物系」ナルシストは、自分の容姿を強調した画像を投稿しがちであることが分かった。特に、自身の健康管理や肉体改造の進捗を示す画像を投稿することが多い。

「繊細系」ナルシストは、フォロワーを増やしたがる。

盛り上がる若者たち

Wikimedia Commons

2016年の同研究によると、内向的で敏感な「繊細系」ナルシストは、インスタグラムのフォロワーを増やしたがる。例えば、「#相互フォロー」といったタグを使用していることも。

ナルシストは、自分をクールに演出するためにインスタグラムを使う。

ポーズを取る女性

Rich Fury/Getty Images)

『Computers in Human Behavior』に掲載された2016年の研究によると、ナルシストがインスタグラムを使う主な理由は、自分をクールに見せるためだ。この調査は、インスタグラムを日常的に利用している大学生のユーザー239人を対象に「Hypersensitive Narcissism Scale(HSNS)」と呼ばれるテストを実施し、インスタグラムの使用動機についても尋ねた。

論文の執筆者は書いている。「ナルシストは自分自身やその生活ぶりが特定の見え方をするように、画像を加工して投稿する。インスタグラムはナルシストにとって魅力的だ。なぜなら、そこでの多くのやり取りは『表面的』もしくは『浅い』ものだから」

ナルシストは、時間をかけて画像を加工する。

絵を描く女性

Flickr/Robin Taylor

『Computers in Human Behavior』の2016年の同研究によると、ナルシストはインスタグラムに投稿する前に、時間をかけて画像を加工しがちだ。

ナルシストは、セルフィーを多数投稿し、プロフィール画像も頻繁に更新する。

顔が書かれたラテアート

Thomson Reuters

学術誌『Personality and Individual Differences』に掲載された2016年の研究は、韓国のインスタグラムのアクティブユーザー212人を対象に、「Narcissistic Personality Inventory」のテストをした。

その結果、ナルシスト属性が高い人の方が、セルフィー(自撮り画像)を投稿したり、プロフィール画像を頻繁に更新しがちであることが分かった。

ナルシストは、プロフィール画像の自分を魅力的だと考えている。

ファッションショー

Pascal Le Segretain/Getty Images

『Personality and Individual Differences』の2016年の同研究によると、ナルシストは自分のプロフィール画像の容姿を魅力的だと評価する傾向がある。

ナルシストは、インスタグラムの使用時間が長い。

携帯をいじる女性

garryknight/Flickr

『Personality and Individual Differences』に掲載された2016年の研究によると、ナルシスト属性が高い人の方が、一般的にインスタグラムを長時間利用している。

[原文:Instagram is a narcissist's dream — here are 7 signs you've found one]

(翻訳:まいるす・ゑびす/編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中