伝説の攻撃機「A-10 サンダーボルトII」、ユニークさゆえに40年以上も最前線に

A-10 サンダーボルトII

ISISに対する「生来の決意作戦」を遂行中のA-10 サンダーボルトII、2015年10月29日。

US Air Force

A-10 サンダーボルトIIは、ウォートホッグ(イボイノシシ)やホッグ(ブタ)の名称で知られ、米軍兵士から愛されている。

A-10はアメリカ空軍初の近接航空支援機。低空、低速での飛行性能に優れている。だが、おそらく最も有名なのは機首に搭載された30mmガトリング砲だろう。発射速度は毎分3900発、「ヴーーーーー」という特徴的な発射音を発する。

ここ数年、退役が議題に上がっていたが、アップグレード予算として1億ドル(約110億円)以上が投入されることとなり、今後も運用が継続することとなった。

伝説の攻撃機、A-10の勇姿を見てみよう。

1976年3月に配備が開始されたが、1991年の湾岸戦争まで実戦に出ることはなかった。

A-10攻撃機

DVIDS

開発元はフェアチャイルド・リパブリック。同社の破綻後はノースロップ・グラマンが保有。ノースロップ・グラマンはアメリカ最大の軍事企業、かつ最大の政治献金元

出典 : Defense Department

機体は30mm GAU-8 アヴェンジャーガトリング砲に合わせて設計された。

A-10攻撃機

Getty

出典 :Defense Department

特徴的な「ヴーーーーー」という発射音。


ゼネラル・エレクトリック製 TF34-GE-100 ターボファンエンジンを2基搭載。1基あたりの推力は9065ポンド(約4110キロ)。

A-10攻撃機

US Air Force

出典 :Defense Department

最高速度は時速約450マイル(時速約720キロ)、実用上昇限度は4万5000フィート(約1万3700メートル)、航続距離は2580マイル(約4150キロ)。

A-10攻撃機

US Air Force

ロシアの攻撃機スホイ25(Su-25)は、A-10に対抗して開発された。

出典 :Defense Department

ガトリング砲は、機首に描かれた歯から飛び出しているように見える。また射撃時にはタバコを吸っているかのように煙が出る。

A-10攻撃機

Senior Airman Chris Drzazgowski/US Air Force

ペイロード(積載量)は1万6000ポンド(約7300キロ)。

出典 :Defense Department

通常爆弾、レーザー誘導爆弾など、さまざまな爆弾を搭載可能。

A-10攻撃機

Getty


さらに2.75インチロケット弾、AIM-9 サイドワインダー、AGM-65 マーベリックなども搭載可能。

A-10攻撃機

US Air Force


赤外線をかく乱するフレア、レーダーをかく乱するチャフ、ジャマーポッド(電波妨害装置)、照明弾なども搭載。

A-10攻撃機

DVIDS


空中戦での戦果もある。1991年、イラクのヘリコプターをガトリング砲で撃墜した。

A-10

US Air Force


空中給油も可能。

A-10

US Air Force


象徴的なノーズアート。むき出しの歯が描かれることが多い。

A-10

U.S. Air Force/Master Sgt. Jeffrey Allen


イラク、アフガニスタン、シリアで地上部隊を何度も救ったことから、A-10は兵士の間ではガーディアン・エンジェル(守護天使)として人気だ。

A-10

US Air National Guard

出典 :Task & Purpose

ここ数年、退役が議題に上がっていたが、アップグレード予算として1億ドル(約110億円)以上が投入されることとなった。

A-10

DVIDS

出典 :Business Insider

ヘザー・ウィルソン(Heather Wilson)空軍長官は2017年12月の上院軍事委員会で「私はA-10のファンになった」とさえ語った。

A-10

US Air Force

出典 :Business Insider

より詳しい情報は、アメリカ空軍が最近公開したドキュメンタリー「Grunts in the Sky」で。



[原文:15 photos of the legendary A-10 Warthog, which Congress wants to keep flying for years to come

(翻訳:塚本直樹/編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

グローバルビジネスの最前線 ~海外でビジネスをするとは? リクルート、旭硝子、ローソンに聞く成功と失敗

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい