大統領のツイートで核戦争が不安に? アメリカでヨウ化カリウムの売り上げ急増

トランプ大統領

AP Photo/Evan Vucci

  • 2018年に入り、アメリカではヨウ化カリウムの売り上げが急増している。
  • ヨウ化カリウムは、甲状腺の放射線被ばくを阻止・低減させる。
  • 一部の業者は、トランプ大統領が北朝鮮の金正恩氏とその核のボタンについてツイートしたことで、ヨウ化カリウムの需要が伸びたと見ている。

北朝鮮の金正恩氏に対するトランプ大統領の「ツイッター戦争」が、起こりうる核戦争への恐怖から、人々を放射線障害予防薬の備蓄へと駆り立てている。一部業者はすでに在庫切れだ。

アメリカでこうした薬品を販売する「nukepills.com」のトロイ・ジョーンズ(Troy Jones)氏は、カイザー・ヘルス・ニュース(KHN)に対し、ここ数週間でヨウ化カリウムの売り上げが急増していることに気付いたと語った。ヨウ化カリウムは甲状腺の放射線被ばくを阻止・低減させるのに使われる。

「1月2日に今月分のヨウ化カリウムを入荷したが、48時間で売り切れた」とジョーンズ氏は言う

普段の販売量(8400回分)の16倍以上、約14万回分が売れたと言う。

同様にヨウ化カリウムの販売を手掛けるアンベックス(Anbex, Inc.)のアラン・モリス(Alan Morris)氏も、KHNに対し、売り上げが伸びていることを認めた。

「この国でいかに不安が高まっているかを如実に表している」とモリス氏は言う。

そして、この不安の高まりはどうやらトランプ大統領の年明けのツイートに関係があるようだ。

大統領は1月2日(現地時間)、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が「新年の辞」で、「核のボタン」が常に机の上に置かれていると警告したことに対し、自分の核のボタンの方が「彼のものよりも大きく、強力だ。それに私のボタンは作動する」とツイートしていた

ジョーンズ氏はKHNに対し、トランプ大統領のツイートが自身の扱う放射線障害予防薬の新たな需要を掘り起こしたのだろうと語っている。

[原文:Trump's tweets are making people so worried about nuclear war that sales of an anti-radiation drug have skyrocketed]

(翻訳/編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中