アメリカは今もテロリズムと戦っている —— 地図で見る、世界76カ国

アメリカの対テロ戦争の拠点を示した地図

Costs of War/Brown University

「この十字軍、このテロとの戦いには、時間がかかるだろう」アメリカのジョージ・W・ブッシュ元大統領は2001年9月16日(現地時間)、ホワイトハウスでこう述べた。「アメリカ人は忍耐強くあらねばならない。わたしもそうする」同時多発テロから5日後のことだ。

ブッシュ元大統領は正しかった。「テロ」という抽象的なものとの戦いには、時間がかかるという意味では。

アメリカがアフガニスタンへの攻撃を始めたのは、2001年10月。2013年には、オバマ元大統領がこの「対テロ戦争」の終わりを公式に発表したが、テロとの戦いは17年近くが経った今もまだ続いている。

むしろ実際は広がっている。

ブラウン大学の戦争費用プロジェクト(Costs of War Project)の最新データによると、2015年10月~2017年10月の2年間で、アメリカは76カ国、全世界39%の国々でテロと戦ってきた。

地図は米軍の駐留や基地の場所を示しており、他国の軍にテロ対策の訓練を実施したり、ドローン攻撃や空爆の拠点となっている。

中でも、アフリカでのプレゼンスの大きさには驚くべきものがある。

[原文:The US military is fighting terrorism in 76 countries around the world — here's where]

(翻訳/編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み