アメリカで最も合格が難しい大学はハーバードではない

アメリカの大学の様子

Stanford Facebook

米カリフォルニア州に拠点を置く名門校スタンフォード大学の合格率は、2017年度も極めて低かった。受験者の4.7%のみが、2021年度に卒業する学年に迎え入れられた。

合格率は昨年と変わらず、スタンフォード大学は依然として、アメリカで最も入学が難しい大学だということだ。

一方、アイビーリーグで合格率が最も低い大学は、ハーバード大学(5.2%)だった。また、アイビーリーグで最も入りやすい大学はコーネル大学で、合格率は12.5%だった。

今年のスタンフォード大学の受験者数は4万4073人で、うち2050人が合格した。受験者数・合格者数には、12月の早期決定方式を利用した人も含まれる。早期決定とは、日本の専願受験制度に似た制度で、一般受験より早く出願でき、早く合否を確認できる代わりに、合格した場合その大学に必ず入学しなくてはいけない。

スタンフォード大学と同じくらい競争率が高い学校はほかにもある。例えば、米フィラデルフィア州にあるカーティス音楽学校(Curtis Institute of Music)の合格率も約4%と極めて低い。もちろん、こちらは一般的な大学というよりは、音楽学校だが。

[原文: The most competitive university in America isn't in the Ivy League

(翻訳:Yuta Machida)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい