国交省も“雪 予報”を警戒、リアルタイム降雪はY!天気の「雨雪レーダー」でわかる

Yahoo!天気アプリ

1月22日(月)の昼頃から関東甲信地域などで降雪予想が発表されるなか、前日の21日(日)には国土交通省と気象庁が「大雪に対する国土交通省の緊急発表」を同時配信し、「不要不急の外出は控えるとともに、やむを得ず運転する場合にはチェーンの早めの装着等をお願いします」などと呼びかけるなど、首都圏では雪への警戒意識が高まっている。

関連リンク:大雪に対する国土交通省緊急発表(PDF)

大雪に対する国土交通省緊急発表

国土交通省が1月21日、関東甲信地方や東北地方の大雪予想に対して発表した「緊急発表」の別紙。23日6時までに予想される24時間降雪量として、関東地方の平野部で10〜40センチ(23区で5〜10センチ)としている。予報は21日14時時点のもの。

国土交通省

移動先で、あるいは帰宅の経路の降雪・積雪の状態がどうなっているか? そのチェックには、Yahoo!天気の「雨雪レーダー」が役立つ。

この機能は冬季限定で登場するもので、ほぼリアルタイムで雪雲の移動がわかる「雪雲レーダー」が使える。従来の「雨雲レーダー」の表示も同時に行われ、「雪なのか、雨なのか」がわかるという機能だ。

把握できる雲の動きは、通常の雨雲レーダーと同じ、現在時刻の1時間前〜6時間後(予想)までだ。

アプリのダウンロード先と、使い方解説は以下にまとめた。普段雪が降らない地域での降雪は、交通機関や通常の徒歩移動などで思わぬトラブルが起こりやすい。こういった天気アプリを活用して、万が一の準備は早め早めの対応を心がけておきたい。

ダウンロード:Yahoo!天気アプリ

「雨雪レーダー」機能の使い方

(1)Yahoo!天気アプリをインストールして起動

Yahoo!天気

Android版のインストール画面。iOSではAppStoreから、AndroidではPlayストアから無料で入手できる。


(2)画面をスクロールして、「雨雪レーダー」のバナーをタップ

Yahoo!天気の雨雪レーダー


(3)自分の移動するルート上の雨雲・雪雲を確認する。スライダーを動かせば6時間後までの雪雲移動予測も可能

snow

1月22日(月)9時現在の6時間後の様子。14時台には東京など首都圏の広い範囲が雪雲に覆われている。



(文、写真・伊藤有)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい