ツイッターの主要幹部がまた辞任、株価が下落

ジャック・ドーシー氏

ツイッターのCEO、ジャック・ドーシー氏。

Bill Pugliano/Getty

23日の朝(現地時間)、ツイッター(Twitter)の最高執行責任者(COO)アンソニー・ノト(Anthony Noto)氏が同社を退社し、3月1日付けでオンライン融資のスタートアップ「ソーファイ(SoFi)」のCEOに就任すると発表された後、ツイッターの株価が下落した。

ツイッターではここ2年、主要幹部の辞任が相次いでいる。

ノト氏は同社のライブ動画配信の推進や、NFL、タイム誌、ブルームバーグとの提携で中心的な役割を果たしてきた

投資家は、同社のユーザー成長率の伸び悩み、マネジメントにおける多くの変更を懸念してきた。

ツイッターの株価は3.52%下落し、1株あたり22.50ドルを付けた。年初来8.18%、その値を下げている。

株価チャート

※こちらの画像をクリックすると、最新の株価情報に移ります。

Markets Insider

[原文:Twitter dips after a key executive leaves for online lending startup SoFi (TWTR)]

編集部より:初出時、「この1年で8.18%、その値を下げている」としておりましたが、正しくは「年初来8.18%、その値を下げている」です。お詫びして訂正致します。 2018年1月25日

(翻訳/編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中