米マクドナルド、補正前の商品画像を誤ってアップロード?

米マクドナルドの商品

レタッチ前(左)とレタッチ後(右)。

McDonald's

  • 米マクドナルドは、補正していない商品の画像を補正済みの画像と一緒にアップロード。補正前/補正後を比べると、違いはショッキング。
  • パティをボリュームアップしたり、整えたり、カラーを調整している。
  • 消費者はこれまでも、同社の商品が広告と違うと同社を批判してきた。

何年にもわたって、消費者はマクドナルドの商品は広告と違うと不満を述べていた。その原因の1つが目立たない場所に隠されていた。

同社がウェブサイトにアップした写真に「レタッチ済み」というレイヤーがあり、画像処理ソフトで見ると、補正前の画像と補正後の画像を比べることができた。

米マクドナルドは以前にも、広告の写真が実際の商品と違うことで苦境に立たされた。また2012年、マクドナルド・カナダは商品をきれいに見せるために、何時間もかけて商品を撮影する様子を公開している。

だが美しく撮影した後にも、さらに補正が加えられているようだ。そして補正後の写真がウェブサイトで公開される。

米マクドナルドにコメントを求めたが、回答はまだない。

補正前、補正後の写真を見てみよう。

ダウンロードした写真を画像処理ソフトで見ると、「レアッチ済み」というレイヤがあった。

レタッチ済みの画像

McDonald's/Emma Fierberg


ビッグマック、補正前/補正後。


ソーセージ・ビスケットはかなり補正されていた。


チーズバーガーも。


補正前。

チーズバーガー、補正前。

McDonald's


補正後。

チーズバーガー、補正後

McDonald's


エッグマックマフィン。


アップルパイは重ねた。


飲み物も。


リンゴのスライス。


補正前。

リンゴのスライス、補正前

McDonald's


補正後。

リンゴのスライス、補正後

McDonald's


[原文:McDonald's left unedited versions of its food photos on its website — see the most shocking differences

(翻訳/編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み