仮想通貨の暴落で投資家が絶望? 今週読むべき5つのニュース

ボーイング787の秘密のベッドルームに潜入

休憩区画

Benjamin Zhang/Business Insider

2018年3月、カンタス航空はハブ空港があるオーストラリア西部のパースから、ロンドンへのノンストップの定期便の運航を開始する。17時間、9008マイル(約1万4500キロ)の世界最長路線の1つとなる。

そのためパイロットとフライトアテンダントは交代制、つまり、睡眠を取る場所が必要になる。現在、ほとんどの長距離フライト用のワイドボディ機(通路が2列ある機体)には、クルーが休憩するための区画がある。

ボーイング787-9のパイロットとフライトアテンダントのための休憩区画を見てみよう。

Learn more?


PCは粉々、壁はボコボコ…… 仮想通貨の暴落で絶望する韓国の投資家たち

壊れた浴室

dcinside

韓国では、仮想通貨の取り引きが盛んだ。

だからこそ、韓国政府が打ち出した仮想通貨の取引所の閉鎖方針に、世界の市場が反応した。

一部で「仮想通貨の大虐殺」とも呼ばれた仮想通貨の暴落の後、韓国のオンライン・コミュニティー「DC Inside」には、ユーザーの過激なコメントや、怒りのあまり破壊した物の画像が投稿されていて、彼らの苛立ちぶりがよく分かる。

仮想通貨の投資家たちの反応をいくつか紹介しよう。

Learn more?


恐ろしいほどに的中、ビル・ゲイツの1999年の予測

ビル・ゲイツ

Chip Somodevilla / Getty

1999年、ビル・ゲイツは『Business @ the Speed of Thought』(邦題『思考スピードの経営』)を出版。その中で15の大胆な予測を行った。内容は当時、荒唐無稽なものに思えた。

だがビジネス専攻のある学生が、ゲイツには恐ろしいほどの先見の明があったとブログに記した

ゲイツが20年近く前に行った15の予測を見てみよう。現実が同氏の予測どおりになったか否かは、あなたが一番知っているはずだ。

(敬称略)

Learn more?


アメリカで最も売れた車ベスト20、10位内に日本車は7車!

トヨタ Rav 4

Toyota

アメリカの自動車マーケットは、SUVとピックアップトラックのセールスが好調で2017年もその勢いを維持した。

自動車価格情報サイトのケリー・ブルー・ブック(Kelly Blue Book)によると、約1720万台の車が2017年、アメリカで販売された。2016年の1760万台からはわずかに減少したが、マーケットは堅調に推移した。また2016年と同様に、小型車よりも大型車が好調だった。

2017年、アメリカで最も売れた車を見てみよう。

Learn more?


ウィリアム王子、ついに坊主頭に —— 髪型ビフォー・アフター

ウィリアム王子

Getty

ウィリアム王子のヘアスタイルは長い間、メディアで話題にされてきた。だが王子はついに薄毛を受け入れたようだ。1月18日(現地時間)、王子の新しいヘアスタイルが話題になった。

写真はこの日、ウィリアム王子がロンドンにある子ども病院を訪問した際に撮影されたもの。同病院では退役軍人の国民保健サービスへの再就職支援プログラムの発表会が行われた。

ウィリアム王子の髪型の変遷を見てみよう。

Learn more?

※この記事は編集部で集計した週間PV数及び公開済みの記事の内容に基づき、作成しています。

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み