イケアの創業者が死去 —— その成功を導いた、驚くほどの倹約家ぶりと際立つ個性

カンプラード氏

Twitter/Ingvar Kamprad

イケア(IKEA)の創業者イングバル・カンプラード(Ingvar Kamprad)氏が27日(現地時間)、この世を去った。

カンプラード氏は、70年以上にわたり、この世界最大かつ多くのファンを持つ家具ブランドを率いてきた。

最も多いときで481億ドルの純資産を誇った同氏は、一代で富を築いた、世界で最も裕福なビリオネアの1人だ。

ベストセラー作家のマルコム・グラッドウェル(Malcolm Gladwell)氏によると、カンプラード氏の成功は、そのとっつきにくさや、他人にどう思われようと気にしない、どちらかというと周りから敬遠されがちな性格にあったという。

カンプラード氏の半生を写真とともに振り返ってみよう。


スウェーデン南部で1926年に生まれたカンプラード氏は、5歳でマッチ売りをしていた。10歳になると自転車に乗って、クリスマスの飾りや魚、鉛筆を売った。

スモーランド地方

カンプラード氏の地元、スウェーデンのスモーランド地方。

Wikipedia

Source:Business Insider,Sweden.se

10代の頃、カンプラード氏は「ヒトラーの熱狂的な支持者」であったドイツ人の祖母の影響で、ナチスの青年運動に関与。後に「人生最大の間違い」だったとして、従業員に許しを請う手紙をしたためている。

カンプラード氏

Denis Balibouse/Reuters

Source:Telegraph,Fortune

17歳のとき、ディスレクシア(文字の読み書きが困難)をものともせず、学校で良い成績を取ったご褒美にと、父親から現金をもらった。カンプラード氏はそのお金で1943年にイケアを創業、写真立てといった小物雑貨を売り始めた。家具の取り扱いを始めたのは、創業から5年が経ってからのことだ。

イケア1号店

カンプラード氏の地元にあるイケア1号店。

Wikimedia Commons

Source:Business Insider

「イケア(IKEA)」という名前は、自身の名前イングバル・カンプラード(Ingvar Kamprad)と、自身が生まれた農場エルムタリッド(Elmtaryd)、その近くの村アグナリッド(Agunnaryd)の頭文字を取って付けられた。

若き日のカンプラード氏

イケア1号店のマネジャー、ハンス・アックス(Hans Ax)氏と握手を交わすカンプラード氏(右)。

Wikimedia Commons

Source:Wealth-X,Business Insider

1956年、カンプラード氏は今やイケアの代名詞とも言える「フラットパック」を導入、消費者自身に組み立て作業をしてもらうことでコストを削減するこの手法により、家具業界に革命をもたらした。

イケアの家具

YouTube/Ikea

Source:Business Insider

ベストセラー作家のマルコム・グラッドウェル氏によると、カンプラード氏は誠実さと寛容さ、とっつきにくさを合わせ持っていた。こうした性格が、カンプラード氏を恐れを知らぬイノベーターに育てた。

カンプラード氏

Screenshot/YouTube

Source:Business Insider

1973年、カンプラード氏は成長中のビジネスにとって好ましくない事業税を避けるため、イケアの本社をスウェーデンからデンマークのコペンハーゲンに移した。スウェーデンの上がり続ける税に反対し、自身と家族もスイスへ移住した。今日、イケアの本社はオランダに置かれ、カンプラード氏はスウェーデンで暮らしていた。

コペンハーゲン

デンマーク、コペンハーゲン。

Bucchi Francesco/Shutterstock

Source:Business Insider

イケアの企業構造は複雑だ。オランダに拠点を置くイケア・グループは、財団法人スティヒティング・インカ・ファウンデーション(Stichting INGKA Foundation)が所有。同財団は、イケア・グループとそのフランチャイズに再投資を行うとともに、慈善活動に資金援助を行う。

イケアの企業構造

IKEA

Source:IKEA.com

カンプラード氏には、養子の娘が1人、生物学上の息子が3人いる。息子たちはイケア全体のビジョンや長期戦略をリード、同社に多大な影響をもたらしている。2013年には一番下の息子マティアス氏が、カンプラード氏からインター・イケア・ホールディングの会長を引き継いだ。

カンプラード氏

REUTERS/ARC/Jean Bernard Sieber

Source:Quartz

カンプラード氏とその家族の資産をめぐっては、ここ数年、さまざまな憶測が飛んでいた。同氏の弁護士はスティヒティング・インカ・ファウンデーションの資金は2つの目的でしか使用されないことから、同氏個人の純資産については明らかにしてこなかった。だが、情報サイトWealth-Xによると、その純資産は481億ドル(約5兆2400億円)にのぼる。

カンプラード氏

Heribert Proepper/AP

Sources:Business Insider,Wealth-X

イケアの上場について、カンプラード氏はこうコメントしている。「イケアにとって、株式市場は選択肢になかった」「我々の成長計画は、長期的な視点に基づいてのみ確保される。イケアを金融機関に依存させたくなかった」

イケア

Getty Images

Source:Business Insider

イケアに関する著書を、これまでに2冊出版している。同社のコンセプトと思想をまとめた、1976年の『ある家具商人の言葉(原題:The Testament of a Furniture Dealer)』は今日、イケアのマニフェストになっている。1990年代後半にスウェーデンのジャーナリストと出した『Leading by Design: The IKEA Story』は、イケアとカンプラード氏の生活に通じる、シンプルさの維持について書かれている。

カンプラード氏とその著書

Amazon screenshot/Wikimedia Commons

Source:Amazon,IKEA.com

カンプラード氏は、その驚くほどの倹約家ぶりでも知られる。飛行機はエコノミークラス、宿泊先には安いホテルを好むと言われ、同じボルボ車に20年間乗り続けている。

ボルボ車

Wikipedia

Source:Wealth-X

現在、イケアは47カ国、370店舗を展開している。Wealth-Xによると、財団にイケアを委ねるまで、カンプラード氏は一度も資金の借り入れや株式の発行をしなかった。

世界地図

青色はすでにイケアが出店している国を、黄色は出店が計画されている国を示している。

Wikimedia Commons

Source:IKEA.com, Wealth-X

フードサービスも人気で、年間約18億ドル(約2000億円)を売り上げている。それぞれの店舗にビストロがあり、スウェーデン料理や出店先の地元料理などを提供している。スウェーデン人に馴染み深いミートボールやワッフルのデザートは、店頭やオンラインでも購入できる。

店頭に並ぶミートボール

REUTERS/Toby Melville

Source:IKEA.com,Reuters

スイスで40年を過ごし、イケアを現在のようなグローバル企業に育て上げた後、カンプラード氏は2013年、家族や友人の近くで暮らすため、スウェーデンの地元へと戻った。カンプラード氏の妻は2011年に亡くなった。

スモーランド地方

カンプラード氏が育ったスウェーデンのスモーランド地方。

Flickr/Alexander Cahlenstein

Source:Telegraph

カンプラード氏は亡くなる直前まで、イケアの意思決定の責任者を務めていた。2017年3月に91歳になった。2014年にはこう話していた。「やることがたくさんあり過ぎて、死んでいる時間がない」

55ba848f2acae7c23f8b922c

Getty Images/Chris Jackson

Source:Telegraph

[原文: How IKEA founder Ingvar Kamprad's bizarrely frugal habits and 'disagreeable' personality trait made him one of the richest self-made billionaires]

(翻訳/編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

グローバルビジネスの最前線 ~海外でビジネスをするとは? リクルート、旭硝子、ローソンに聞く成功と失敗

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい