ブロックチェーン・スタートアップ、11ドルを持ち逃げか? ウェブサイトに「penis」と残して消える

顔のアップ

数百万ドルの資金調達を狙ったが、集まった資金はわずか11ドル。

Flickr/Eli Christman

  • 3人のブロックチェーン専門家がProdeumという怪しいスタートアップのメンバーとされたが、彼らは一切無関係で、名前を勝手に使われたとBusiness Insiderに語った。
  • スタートアップのProdeumはICOで11ドルを集め、1月28日(現地時間)に姿を消した。
  • Prodeumのウェブサイトは真っ白、左上に「ペニス(penis)」というテキストがあるだけ。

ウェブサイトのキャプチャー画像

Prodeumのウェブサイト、左上に「ペニス(penis)」とあるだけ。

Reddit

スタートアップのProdeumは、果物や野菜などの農作物にブロックチェーン技術を利用するシステムを開発していると自称していた。

だが1月28日の夕方(現地時間)、ウェブサイトに「ペニス(penis)」の文字だけを残して消え去ったことがネットで話題となった。同社はICOで650万ドル(約7億円)の資金調達を狙っていた。

結果的にProdeumが調達できたのは、たった11ドルというほとんど冗談のような金額。だがこの奇妙な事件は、無法地帯とも言える仮想通貨の世界にはびこる混乱とリスク、そして仮想通貨に対する関心が高まる中、今後も増えていくであろう予期せぬ危険を象徴している。

ICOのマーケットプレイス「TokenDesk」に開設されたProdeumの資金調達ページには、ダリウス・ルーゲビシャス(Darius Rugevicius)氏、ヴィータウタス・カセータ(Vytautas Kaseta)氏、マリオ・パゾス(Mario Pazos)氏の3人がチームメンバーあるいはアドバイザーとして記載されていた。

怪しい仮想通貨スタートアップの創業者が架空の人物であることはよくあることだが、ルーゲビシャス氏、カセータ氏、パゾス氏の3人は実際にブロックチェーンのスタートアップに関わっている。3人は、今回の事件が自分たちの評判を傷つけてしまうことを懸念しているとBusiness Insiderに語った。

Prodeumのウェブサイトには3人の写真と名前が記載され、LinkedInのプロフィールへリンクされていた。4人目のメンバー、ペーター・ジャンドリック(Petar Jandric)氏だけは実在する人物とリンクされていない。

イーサリアムブロックチェーンのスタートアップであるProdeumは、インターネットから跡形もなく姿を消した。ホームページは匿名のTwitterアカウントへ転送されている。

「ロシアを拠点とした詐欺の可能性がある。だが、まだ確認は取れていない」

ルーゲビシャス氏は、ニューヨークにあるコネクト・キャピタル(Connect Capital)のゼネラルパートナーを務めている。1月29日の朝、ブロックチェーン企業ICONが主催するカンファレンスに出席するため、韓国へと向かうところだった同氏は「ブロックチェーン分野で、多くの素晴らしいプロジェクトに関わってきた。だが確実に、このプロジェクトには一切関与していない」とBusiness Insiderに語った。

TokenDeskに掲載されていたチームのプロフィール

TokenDeskに掲載されていたプロフィール。うち少なくとも3人は名前を勝手に使われたと主張している。

TokenDesk

パゾス氏は、マイアミを拠点にブロックチェーンスタートアップのアドバイザー兼エンジェル投資家として活動している。この記事の取材で連絡を受けるまでProdeumのことは知らなかったと語った。同氏はブロックチェーンスタートップ、WaBi Project、およびKairosのアドバイザーを務めており、両プロジェクトのICOに密接に関わっている。

ICOは、ブロックチェーン関連企業が活用する資金調達方法。まだ規制がなく、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を使ってスタートアップから「トークン」を購入する。理論的には、事業が成功した場合、トークンの価値は上がるのだが、現状では、多くの人が株式と同じように売買目的でトークンを無造作に買い漁っている。

パゾス氏は、今回の事件が起こるまで詐欺についてあまり考えたことがなかったが、一緒に働くスタートアップの正当性を重視しており、成功を確信できるクライアント以外の案件は全て断っていると語った。

「我々は徹底的な適正評価、CEOおよびチームメンバーとの面談を行い、実際に顔を合わせてやり取りをしている。会社の正当性も私が確認している」とパゾス氏。さらに会社の資金面もチェックし、資金繰りに苦しんでいないことも確認すると付け加えた。

リトアニアを拠点に活動するブロックチェーンエンジニア兼アドバイザーのカセータ氏は、同氏とルーゲビシャス氏は今回の詐欺行為に対して法的措置を考えており、また、仮想通貨コミュニティーと協力して、Prodeumの首謀者を突き止めようとしていると語った。

「まだわずかな情報だが、ロシアを拠点とした詐欺の可能性がある。だが、まだ確認は取れていない」とカセータ氏。

Prodeumは5400イーサ、あるいは650万ドルの資金調達を狙ったが、最終的に集まった資金は11ドルのみ。同社のゴールは「ブロックチェーンに果物や野菜を持ち込む」というものだった。

ブロックチェーンと農作物の組み合わせは、非現実的に聞こえるかも知れないが、農家から店舗まで農作物をトラッキングすることは、ブロックチェーン技術の活用方法の中でも最も実用性が高い。IBMやウォルマートなどが同様のプロジェクトに取り組んでいる

[原文:A crypto startup that vanished and changed its website to the word ‘penis’ allegedly stole the identities of its team

(翻訳:まいるす・ゑびす/編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい