カンガルー、ペンギン、クモ —— 客が飛行機に乗せようとしたペット?

飛行機に乗った豚

Geico/YouTube

ユナイテッド航空の飛行機にクジャクを乗せようとした女性がいた。女性はクジャクはエモーショナル・サポート・アニマル(セラピー犬など、精神的な問題を抱える人をサポートする動物)で、無料で連れて乗せられると主張したが、同社は搭乗を拒否した。

だが、過去にはもっと変わった動物を飛行機に乗せようとした客もいる。

今回、ユナイテッド航空は、クジャクを乗せることはガイドラインに反しているとしたが、エモーショナル・サポート・アニマルの取り扱いは航空会社にとって大きな問題となっている。

エモーショナル・サポート・アニマルのふりをして、ペットを飛行機に乗せようとする客がいるからだ。そこでデルタ航空は、飛行機に乗せられる動物の種類を特定することにした。

それでも、ペットを乗せようとする人は後を絶たない。どんな動物を連れて乗ろうとしたのか見てみよう。

クジャク

孔雀

Photo obtained by Business Insider


ヘビ

TSAさん(@tsa)がシェアした投稿 -





大きなクモ



ペンギン

TSAさん(@tsa)がシェアした投稿 -



七面鳥


生きたロブスター

TSAさん(@tsa)がシェアした投稿 -



アヒル

TSAさん(@tsa)がシェアした投稿 -



ニワトリ



おんどり



カンガルー

「カンガルーの赤ちゃんをサービス・アニマルとして機内に持ち込もうとした人がいた」と航空会社の元カスタマーサービス担当はBusiness Insiderに語った。

大きなブタ



[原文:'Emotional support animals' are turning into a crisis for airlines — here are the most bizarre animals people have brought on planes

(翻訳:まいるす・ゑびす/編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み